海辺ヨガライフ

糸島半島の海辺でサーフショップ&ヨガクラスを営んでおります。
日々の暮らしやお知らせを綴っています・・・。
脱穀とハーベスター

昨日、脱穀を済ませました
今年はヨガの生徒さんの旦那Hさんが
ハーベスター(脱穀機)を田んぼに運んできてくれて
田んぼ横で脱穀が出来ました♪

昨年までは足踏み脱穀機や唐箕を使ったり
近くの農家さんのところまで稲を運んで
コンバインを使用したり
毎年、お友達の道具を使わせてもらっています


Hさん、ハーベスターを運んでくれただけでも有難いのに
脱穀作業のお手伝いも最後までしてくれました
本当に有難うございました
田んぼ横での脱穀は今年初めてでしたが
ほ〜んとに楽ちん
干していた稲をハーベスターにかけて
脱穀した後の藁は田んぼにまいて
今まで丸1日かけてやっいた作業が2〜3時間で終了

後は精米所に持っていって玄米にしてもらえば
今年のお米作りは終了します


そして、今日の先ほど
ハーベスターを貸してくれたHさんから電話があり
中古ハーベスターがあるとの情報をいただき
さっそく見に行き、即購入☆
だって、たったの15,000円なんだもん!


普通中古でも5万円以上するからね
送料も含めるともっと高いよ


中古ハーベスターを見に行ったら
そこいる従業員一人に目が釘付け
(写真右側の帽子かぶってる人ね)

私好みの男だわ〜
ガタイが良くて
ちょっとゴリラ系のいい男


ハーベスターを撮る振りして彼を撮る・・

もうハーベスターよりこの御方に会えた事の方が嬉し凄ぎる
ひっさびさのヒットやったわ〜☆






 
| 田んぼのこと | 15:19 | - | - | pookmark |
稲刈り終了!!

今日、稲刈り終了しました!



今年の稲刈りは
後半、旦那も鎌を持って田んぼに入り
稲刈りしてくれました♪


そんで、私は畔で稲を縛って稲架掛け役に
畔での作業は水の入った田んぼ内での稲刈りに比べると超楽勝☆
旦那も毎年の私の苦労が分かったかな?


馬に干した稲穂に網をかけてスズメ除け対策もバッチリ☆

太陽の光を一杯に浴びて
ミネラル豊富な甘いお米にな〜れ!





 
| 田んぼのこと | 17:57 | - | - | pookmark |
Let's INEKARI!
最近、田んぼネタが少ない・・・と
有難いご指摘をちょこちょこ頂いております

田んぼをされてない生徒さんからも言われる事があるし
昨日も久々にKurumianに行ったら
友香さんの旦那さんからも言われたし

米作りをしている人からも
してない人からも
そうやって関心を持っていただけてるなんて
ホント嬉しいことです


もちろん!今年も米作りしてますよ!!


雑草と共に順調に成長しております!



今年は、黒米・緑米・香り米・赤米・イセヒカリに加え
新しくヒノヒカリも育ててます


今年の田植えは微妙でした
だって、水が入ってない田んぼに田植えしたんですから
干上がった硬い土に指で穴を開けて
その穴に苗を挿して
土を被せて・・
水が無いから足がイボらず、その点がラクでしたが
指が突き指しそうでした(笑)

夏場も数回雑草取りをし
田んぼ仲間達で順番に見回り当番をして
今年も人並みとまでは言えませんが
「金色の田んぼ」風景を拝めることが出来ています



1段下のお隣の田んぼはもう稲刈りが終わってる
数種のお米が干されています


香り米


緑米
立派に育ってる〜〜!


そして今日から我が家も稲刈りスタート☆




台風の影響で倒れていたはざかけ用の馬を立て直し
やっぱり今年も私が田んぼに入って稲刈り役



旦那が畔でそれを束ね馬に干す役
私も畔に座って束ね役がいいな・・・





1段上のお隣の田んぼでもF嫁が稲刈りに来てました
こちらの田んぼは「アケボノ」「タイ米」を育てています

いつも田んぼで仲間に合うと
軽くお話した後
お互いが黙々と作業を始めるのだけれど
時々相手の姿や様子をチェックする自分がいる

いつもほとんど人影のない静かな谷間の田んぼでの
節目節目の作業で
田んぼ仲間の誰かがいると
何とかなくホッと安心したり
ちょっと嬉しくなったり
何気に無言の連帯感を感じるのは私だけかいな?



今日は午前中だけ稲刈り作業
波も上がってきたので
午後からは店をオープン


しばらくは仕事の合間をみて
稲刈り作業に励みます

 
| 田んぼのこと | 14:02 | - | - | pookmark |
田植え
今年の田んぼは水不足で水が張ってません
今年は田植え機で田植えをする予定が
水がないせいでやっぱり手植えに・・・
水が大してないくせに
かなりイボルここの田んぼ
イボリ度合いが半端ないから
一気に骨盤が歪んで腰痛に
腰痛と言っても
仙腸関節がズレてしまう感じね

「西洋医学では仙腸関節は絶対に動かない」と定義付けされているけど
日頃から仙腸関節を柔軟にしていく意識でヨガをしているので
「絶対動く!」と自信を持って言えるぐらい
私の仙腸関節は柔軟に動いてくれる
でも田植えでイボるとこの柔軟さが弱さになってしまう・・・
柔軟性ばかりを高めるのではなく
この関節周りの筋肉強化するって大事っちゃね・・・
とつくづく思う今日この頃です




田んぼ仲間の龍石家夫婦
手植えは大変だけど
何年もしてりゃ〜コツも掴んで作業が早い
黙々と手植えする作業はある意味瞑想に近いもんがあるな〜って思う
これは、機械での田植えでは味わえない感覚ではあります

半日で田んぼ半分の田植えを終了
残るは半分
ボチボチやります

こちらはうちの旦那
毎年この季節はうなぎ釣りに行きだすのですが
先日もうなぎとナマズを釣ってきました



そのうなぎとナマズの餌として
田んぼでカエル取りに夢中になっている様子の写真
手に小さな虫カゴ持ってるでしょ(笑)

ナマズには「ナマちゃん」
うなぎには「ウナちゃん」と名前を付ける旦那
そのまんまやん・・




ナマちゃんとウナちゃんの生け簀に7匹のカエルを放ちました
カエルに興味津々のダグ&ライト
うなぎもナマズも夜行性
しかもナマズの胃袋は底なし
翌日の明け方みると
カエルは全部食べられてました
OM・・・




ささ、話は田んぼに戻って

龍石家長男のリク君(小3)は空手仲間
パンツいっちょで泥んこ遊びに夢中
ピンク色のパンツやんっ!



お父さんも一緒に泥投げ
リク君の頭や顔に容赦なく泥をぶつけてケラケラ笑ってます

泥んこになったリク君もお父さんも
帰りに我が家の目の前の海で泳いで
泥を綺麗に洗い流してご帰宅

こんな環境だから
こんな遊びも出来る
恵まれているな〜〜


我が家の小さな畑では
ズッキーニが1日1本ペースで収穫出来てます


トマトも色付き始めました




昨年のこぼれ種でアチラコチラに育っている青シソ
食べきれないぐらい育っています
青シソ好きな生徒さんはどうぞ採っていってくださいな!

昨日の夕飯は豚の細切れ肉と青シソのバター醤油炒めをしましたが
とっても美味しかったですよ!
これからの季節はご飯に塩もみしたシソを混ぜて食べるのもいいですね♪




 
| 田んぼのこと | 16:38 | - | - | pookmark |
脱穀

昨日は、午前の「YOGA WITH BABY」クラスを終えて
スグに脱穀作業へ

すでに朝から作業してくれていた旦那と龍石夫婦
うまに掛けていた稲を車に積んで
コンバインのある月形牧場へ



コンバインに次から次へと稲を入れ脱穀します



全4種

計ってはないですが
昨年よりも多めの収穫のようです♪

ふ〜〜〜っ!!!
これで、大きな作業は終わったっ!
一段落☆

次は籾摺りやね





| 田んぼのこと | 12:57 | - | - | pookmark |
脱穀と唐箕(二見ヶ浦編)

先週は、二見ヶ浦側の田んぼで収穫できたお米の
脱穀と唐箕作業をしました



脱穀機で脱穀する人




唐箕をする人




脱穀後の藁を田んぼにまく人



各々が代わる代わる役目を変えながら
黙々と作業


黒米は大収穫
香り米は成長は悪くイマイチの収穫量
緑米はスズメの襲撃にあって少な〜
誰か〜!!網をかけておかんかったのはっ!

櫻井神社側の田んぼに香り米と緑米を育てていて良かった
櫻井神社側の田んぼのお米は
今週コンバインで脱穀予定

早く新米食べたいっ!









| 田んぼのこと | 15:07 | - | - | pookmark |
稲刈り開始

昨日からサイズのある波が上がっています
波乗りしたくてウズウズしている旦那を捕まえて
昨日は、桜井神社側の田んぼの稲刈りへ



龍石夫婦と一緒の田んぼ作業ですが
一緒にお米作りをやりだして5年経つので
田んぼに着いても
段取りの話はせずに
あ・うんの呼吸で 
それぞれの持場について作業しだします



龍石君と私は稲刈り
龍石嫁は刈った稲を束ねて麻紐で結び
うちの旦那は稲を干すうまの補強作業

1年を通して水を入れている田んぼなので
稲刈り時は大変
足がイボって・・・


まずは前回の台風で倒れてしまった赤米「紅吉兆」を稲刈りし
次に香り米を・・・

緑米は稲刈りにはまだ早そうなので
次回はイセヒカリからやね



さっ!今日もいい波上がっとうし
午後のヨガクラスが終わったら
波乗りしよ〜っと!!










| 田んぼのこと | 12:26 | - | - | pookmark |
収穫前



櫻井神社側の田んぼは、4段の棚田
1・2段目の田んぼは区画され
お米作り体験者達が、各々に様々な品種のお米を育てています


もうすぐお米の収穫
最近の田んぼは実った穂の重みで頭が垂れ
お米の香ばしいいい香りがします

その香りに誘われて現れるのがイノシシ
今年も今時期になって新しいイノシシの足跡発見っ!!
せっかく実ったお米をヤラれては大変
急いで電柵を設置しました


(この色黒、筋肉質なデカイ人だれ?私やん・・・)


電柵のお陰で今のところお米は無事です


お米作り5年生になりますが
何となく力の抜き方が分かってきました
ヨガでもそうですが
「力を抜く」って以外に難しい・・・

冬期湛水農法無農薬栽培のお米作りでは
色んな試練を経験させてもらってます

雨が降らない季節になると
田んぼに水が入らない日が続いたり

大雨やゲリラ豪雨になると
逆に水が畔に溢れだしたり

田んぼ内に水草や雑草が生えたり

イノシシやウンカの襲撃に怯えたり

稲が病気でやられたり


度々訪れる試練に頭を悩まし
知恵を絞り
身体を動かして
対処してきました

もちろん色々と賢くもなりましたが
やっぱ「力を抜く」事が一番賢い方法なのかな〜って


桜井神社側の田んぼでの冬期湛水農法は
ため池に十分な水が入ってない時期もあるので
安定した湛水環境を得られない時もあります

なので、田植えを終えた田んぼ内には
水草や雑草も生えやすく
(冬期湛水農法は、十分な水があれば
雑草が生えにくい農法なのですが・・・)
昨年は、稲が雑草に負けないように
何日もかけて必死で雑草取りをしたものです
腰を痛め、それは、それは大変でした


しかし、今年は全く雑草取りをしてません
稲の間には水草や雑草が生えてますが・・・



稲の高さと雑草の高さを見ると
稲は雑草に負けることなく
きっと共存していくだろう・・・
と感じたので


田植え前の代かきをするタイミングと
田植えをするタイミングさえ押さえていれば
田んぼ内に水草や雑草が生えても
互いに共存しあえることが分かってきました


水が入らない日が続くと
稲が枯れるのでは・・・ととても心配していたのは昨年まで

死にはしない
逆に水を求めて根を張り
丈夫な稲になってくれるだろう
と焦りがなくなりました


後はなるようになる・・・



定期的に畔やのり面の草刈りをしたり
電柵を張ったり
水や稲のチェックをしたり
問題があれば田んぼ仲間達に報告したり
対処したり・・・と色々ありますが
楽しんでやっています

田んぼ作業は
汗もかくし
体力的にしんどい時もありますが
旦那と二人で
静かな谷間で作業して過ごす時間は
大変充実していて
いつも海の目の前で過ごしている日々とは
また違ったいい風と時間が流れています


ネイティブフルート演奏者の真砂さんが
昨年田んぼを見に来られた時に
「力の抜き方が分かってくるよ」
と言われた事を鮮明に覚えていて
やっと今年の米作りでそれが分かってきたように思えます

まだまだ未熟者ですが
力の入れ方と抜き方とそのタイミングや間(マ)が分かりだし
自然農や「環」ってこんなんなのかな〜って
ボヤ〜と見えてきました


そこにあるものは
私が来る前からそこにあって
米作りをする前からそこにあって
全に無駄なものはなく
それぞれの区間で
それぞれの役割があるんだろうな〜って

手を出しすぎず
黙って見守り
眺めてみる



もうすぐ稲刈り
今年のお米はどんな味がするかな?
































 

| 田んぼのこと | 16:17 | - | - | pookmark |
稲達

暑い日が続いています
毎日海に入って
私も子ども達も真っ黒に日焼けしております

全く雨が降らないので
田んぼ内の水はお湿り程度
自然な中干し状態になっています
それは、それで、その効果が出てくるといいのですが・・・


イセヒカリの稲にも
少しづつ穂が付き出しました



 

| 田んぼのこと | 15:02 | - | - | pookmark |
湧き水

毎朝の波チェックを旦那とした後
レッスン前に田んぼの様子を見にいきます

梅雨前はなかなか雨も降らず
田んぼの池の水が底をつきかけ
田んぼには全く水が入ってない状態が続き
今年は田植えが出来るのだろうか・・・と心配してましたが
待ちに待った梅雨時期に
しっかりとたっぷりと雨が降ってくれたので
池も田んぼも本来の姿を取り戻してます

我が家と龍石家の二家族で米作りをしている棚田の3番目の田んぼ
池の水が少なくなると
ここの3番目までは水が入ってこなくなるので
2番目から入ってくる入水口とは別に
2か所の入水口を設けています


土の中を通る山水が湧き出る場所に穴を掘り小さなプールを作り
そこに湧き水が溜まるようにします
常に湧き水がプールに入る分の水量が
田んぼ内に入ってきます
池の水が少なくなっても
ここの小さなプールには常に湧き水が入ってくるので安心です


生活排水や他の田んぼの農薬も絶対に入っていない綺麗な水を
ここの田んぼに入れることが出来るというのは
本当にラッキーなことです


梅雨も明け
ここ毎日
イセヒカリは太陽の光を一杯に受け
森林が生んだミネラル豊富な山水を吸収し
幸せそうに育っています


山も田んぼも幸せそう
そんな場所にいるだけで
ホッと気持ちが落ち着いて
私も幸せになるんだな〜















| 田んぼのこと | 09:34 | - | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE