海辺ヨガライフ

糸島半島の海辺でのこと・・・。
<< 明日は、いよいよ・・・ | main | 「生き方としてのヨガ」前半報告 >>
第一部「くらしのたね」様子

8日(水)前原の古材の森で開催した「くらしのたね」
当日は、オープン前から沢山の方々が入口前に並んでいただき、オープン以降も沢山の方々にお越しいただきました。

入口入ってスグには、イベントの顔でもあるチイサイハナヤがお出迎え。
店主チカちゃんのセンス溢れる花や緑が鮮やかに彩ってくれています。
お花の販売はもちろん、今回はクリスマスリース作りのWSも同時に行われ、沢山の参加者がオリジナルのリース作りを楽しまれた様子。
リースの材料もあっという間になくなり、大変好評の高いWSだったようです。

お隣のお座敷の部屋では、昨年に引き続き「くるみとはす」イベントの有力ブース「癒しのたね」ことリラクゼーションルームを設置。
古民家ということもあり、3人の腕利きのセラピストさん達が作務衣を着て、けやき、ゆず、北海道産ラベンダー、いよかんといった「和」の精油を使ったアロママッサージを施してくれました。
左の写真は準備中の様子。右の写真は、オープン中の写真。間接照明のみを使用し、演出にもこだわりました。
こちらも常に予約が一杯な状態が続き、昨年の40名を越え、60名近いお客様に癒しをご提供することができました。

レストランの土間の奥にあるカウンターでは、有名な久留米の「カンブツカフェ空豆」さんのブース。
ここでは、大変興味深い食品が沢山販売されており、お客様に1つ1つの商品を丁寧に説明されていたのが印象的でした。
私もいちじくのジャムを購入させていただきました。

奥に入ったお部屋には、「おいしいもののたね」ブースが、6ブース出店。
天然酵母パンでは大変有名な「空のパン」さん。
当日は沢山のパンを焼いてきてもらったにも関わらず、あっという間に完売。
私も購入させていただきましたが、中でもブルーベリーとクリームチーズのパンはとっても美味しかった!!
そのお隣では、ケーキ、サンドウィッチ、キッシュ・・・沢山のおやつを作ってきてくださった「ミッツオーブン」さん。

またそのお隣では、桜井神社近くに移り住み、ベーグルを作っている「spoonful the bagle」さんのブース。
たまたま水曜日がお店の定休日ということもあり出店していただけることになりました。
土・日曜日には、すぐに完売してしまうほどの人気にベーグル屋さんの出店にご来場のお客様も大変喜んでおられました。




さらに奥には、糸島ではお馴染み、チイサイハナヤ:チカちゃんの旦那様でもあるHINODEのクロちゃんのブース。
今回、クロちゃんは、菜食弁当・かしわにぎり・大学芋・ミルクティー・コーヒー・ジャスミンティーを販売。
菜食弁当は、男性が作ったとは思えないほど色映えが良く、女性的でヘルシー。
特に雑穀入りおにぎりは、もちもちっとしてて美味しかった。もち米が入っていたのかな?
こちらの弁当もあっという間に完売。

そのお隣では、おやつ工房「虹の空」さんのブース。
こちらは、私の推薦した手つくりお菓子屋さん。
虹の空さんが焼いたお菓子は、どれも素朴で、作り手のお人柄が手に取るようにわかる優しい味。
大好きなお菓子屋さんです。

そして、12時から販売を開始したHIDE PAN。
お馴染みのニンジンパンからこの時期販売される秀じいの干し柿パンも登場。
お客様一人一人の買いっぷりが凄く、ものの30分で完売。

さらに奥の広い部屋では、「暮らしのもののたね」・「ワークショップのたね」ブースが10ブース。

入口手前は、「くるみとはす」のくるみことkurumianのブース。
さすがっ!!kurumian!!
お馴染みのお客様から初めましてのお客様までkurumianファンの方々で盛り上がってました☆
私もガラスの一輪挿しを購入♫

そのお隣では、「oeuf-stamp」さんのけしごむハンコの販売やけしごむハンコ作りのWSが行われていました。
かわいいけしごむハンコは、大人になった今でも心の奥底に眠っていた子供心をくすぐります。

素敵な手つくりアクセサリー「sternii」さん。
こちらのアクセサリーは、前から買いたい!!と思っていた。
アクセサリーは、普段から滅多につけないが、sterniiさんのは一目惚れ♪
首にかける皮紐の長さも調節できるからヨガレッスン中も付けてても問題ないし、おしゃれ〜。






戦場建築士:波へいとナベちゃんのブース「イエノタネ」ブース。
こちらでは、「ファブリックボード」と「古布と紋切りで正月飾り」作りのWSが行われていました。
使わなくなった古い布がちょっとした工夫で家を豊かに彩ってくれます。
こちらも大変好評でした。

「solvang」さんのブースでは、素敵な北欧雑貨や食器が販売。
また素敵な絵柄の布が沢山のお客様の目に止まっていました。

「月の花」さんのブースでは、アロマ化粧品や手つくり石鹸が素敵に陳列され、石鹸の形や色も見事。
香りも良く、視覚・嗅覚で癒されるブースでした。

フェアトレード商品を販売されていた「キマモリ舎」さんのブースでは、ニット帽やフェルト生地のバック等とてもたくさんの商品を山積みで販売されており、とても沢山のお客様達が商品を手に取り、ご購入されてました。

「下岡由枝さん」の陶芸・「盛國泉」さんのガラスブースには、欲しいな〜っと思う器やコップ、変わったガラスの一輪挿しが販売されており、こちらも沢山の方々が手に取って商品を見られておりました。






お座敷奥には、「杉の木クラフト」さんのブース。
こちらでは、お馴染みの木のお皿やコップ等の販売と同時にしめ縄販売やしめ縄作りWSが行われていました。
このしめ縄の材料となるワラは、杉の木クラフトさんが育てた無農薬米のワラを使用。
簡単そうに見えて、以外に難しいようにも見えたしめ縄作り。
かなりコツがいりそう。
私も作ってみたかったな〜・・。





そのお隣では、昨年も出店していただいた「てくてく堂」さんのブース。
糸車や色とりどりの糸玉が陳列されたブース。その陳列には、センスの良さが伺えます。
こちらは、午前・午後に分かれて、手織りWSが開催され、男性の方も参加されていました。
イベントオープン前にてくてく堂さんから個人的にコットンの紡ぎ方を教わりました。
その様子は、後日ブログでアップします♪

そして、くるみとはすのくるみことkurumianの友香さんが考えたメニューを作っていただいた限定ランチ「あったか美人プレート」は、本当に美味しかった!
私がリクエストしていた冬瓜メニューも、冬瓜独特の柔らかさとお出汁の味がたまらん!
食後のスウィーツ「スウィートポテト」最高☆
味付けもさすが古材の森!といった感じです。







10:00〜15:00のくらしのたね第1部は、沢山のお客様にご来場いただきました。
多くの方々に納得いただけるいい物を買っていただき、作り手さんとお話ししていただくことで物を通じて繋がりを持ち、、WSに参加していただき、ご自身のくらしの中に未来に花咲くいい種を持ち帰っていただけたら・・・という想いから開催したイベントです。

昨年の龍国寺でのイベントに比べ、お部屋が狭く、通りにくいかったり、お買いものしにくかったりとご不便・ご迷惑をおかけした点も多々あったとお詫び申しあげます。

また、出店していただいたお店様にも大変なご協力を賜り感謝しております。
「くらしのたね」を私たち主催者「くるみとはす」と一緒に盛り上げてくださり、初めてお会いしたお店の方や作家さんとも楽しいお話が出来、いい繋がりを持てたこと、とても嬉しく思っております。

皆様、本当にありがとうございました。

*当日の様子は、友香さんが一眼レフカメラで撮影された綺麗な写真と一緒に紹介されている「くらしのたね」ブログもご覧ください。

→次は、第2部「学びのたね」〜生き方としてのヨガ〜へつづく














| くるみとはす | 13:10 | - | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE