海辺ヨガライフ

糸島半島の海辺でサーフショップ&ヨガクラスを営んでおります。
日々の暮らしやお知らせを綴っています・・・。
2012/6/3 「山本太郎が語る。ドイツ、ベラルーシ、そして日本。」


日時  6月3日(日) 11:30開場 
場所  深江海水浴場 海の家「Saikai」(糸島市二丈深江)

料金  要予約 一般1200円 学生1000円

定員  200名(先着順。定員になり次第締め切ります。)

★チケット予約方法
 「お名前、緊急連絡先(Tel)、参加人数」を明記のうえ、
 itonanohana☆yahoo.co.jp (☆を@に変えて送信してください)または
 090-5487-7658(溝口)までお申し込みください。

★マイバッグ、マイカップ持参にご協力ください。
★カメラ、ビデオによる撮影は原則禁止とさせていただきます。

★お席は当日の先着順とさせていただきます。
(11:30〜受付にて席番号を配布します。)
★お子さま同伴席を設けております。ご希望の方は、ご予約時にお申し込みください。

★駐車場に限りがございますので、公共の交通機関や乗り合わせのご協力をお願いいたします。
 電車でお越しの場合、最寄駅のJR筑肥線「筑前深江」駅から徒歩約10分です。
★お車でお越しの場合は海水浴場無料駐車場をご利用ください。
 ただし、駐車場は17時に閉鎖しますので、終了後速やかにご移動ください。


○アクセス

<福岡方面よりお越しの方>
西九州道前原インターを出て、唐津方面直進(前原出口に左折しないよう注意!)。
「上深江」の交差点(左手にナフコ)を右折。
突き当たり信号を左折し、そのまま直進(旧唐津街道)。
「深江インター」信号を過ぎたら、駐車場の案内板があるので
減速して係の指示に従い駐車して下さい。

<唐津方面よりお越しの方>
202バイパスより深江出口下車。突き当たり信号を右折。
駐車場の案内板があるので、減速して係の指示に従い駐車して下さい。


★託児があります。(要予約)
・3歳以上
・12:30〜15:30、託児料700円(保険料込み)
・定員25名(先着順)
・ご予約時に以下の4点をお伝えください。
 ,子さまのお名前年齢F探事項(アレルギーの有無、排泄自立など)
 ぢ児中連絡のつく携帯番号
・持ち物 着替え・帽子・水筒(お水かお茶)

-----

 2011年4月9日
「今、声をあげなければ、自分は人ではなくなる」と脱原発活動を宣言
その後、「原発はいらん、イヤや」というシンプルな意志表示を
体当たりに表現し続けている山本太郎さん

昨年末にドイツ、ベラルーシを旅し、そこで感じた社会の在り様の歴然とした違いは
まるで「25年後の日本はどこにいる?」と突き付けられたかのようだったと言います
 山本太郎さんによるドイツ、ベラルーシの報告を聞きながら
これから私たちはどこに向かいたいのか
そして、未来への分岐点でもある今をどう生きるのか…


集った皆さんと思いを交換したいと思います。ぜひ、ご参加ください。


++プログラム++
11:30 OPEN 
天然酵母パンやお飲物などをご用意していますので
海を眺めながらゆっくりお過ごしください。

12:30 「100人の母たち」スライドショ-
13:00 山本太郎さん・トークライブ
14:30 休憩
14:45 Q&A
15:30 終了〜書籍販売&サイン会〜
16:30 CLOSE












 

  

 

 


 
| 原発のこと | 08:41 | - | - | pookmark |
3/11 GOODBYE NUKES 

東北大震災から1年経った昨日
全国各地で行われてた反原発集会&デモ行進
私も娘・じいじ・ばあばと「放射NO!」のプラカードを持って参加してきました
現地まで送ってくれた波乗りファミリーI家の家族も
小さなお子さんが二人いるのに土壇場で「私達も参加します」と言い
一緒にデモに参加してくれました




集会場所の須崎公園から渡辺通の九電までデモ行進
普通に歩けば、数十分で辿りつく距離なのに2時間かかりました
とっても寒かったし、普段2時間も歩き続けることはないので
子供たちにとってはかなりハードだったと思います

それでも
小さいながら持参したおもちゃの太鼓をたたき、声を出しながら歩く子
長い間、プラカードを持ち続けて歩く子
子どもたちの姿がとても印象的でした

力強くパーカッションを叩きながら行進する若い男女達
彼らの叩く音と共に歩く感覚が忘れられない
自分の遺伝子に存在する動物的な感覚を引き出されていく感じ
恐れ・怒り・闇・悲しみ・死・祈り・平和・希望・光・生・・・
様々な感情が沸き起こりながら歩きます
時折目に涙が浮かびます
綺麗に見せることもなく、感情を抑えるのではなく
眠っていた、塞いでいたものや膿をあるがままに出す
感情の浄化
大事ですね


一昨日、糸島人権センターであった「チェルノブイリハート」の上映会
中村隆一さんのトークCafeにもばあばと長女:果林を連れて行ってきました
当日会場にいた主催者のAKIさんに
「この映画、娘の果林に見せても問題なさそうですか?」と質問したところ
「う〜〜ん・・・なかなかショッキングな映像が続くから、もしこれ以上見れない。
とかきつそうにしていたら、お隣の部屋に託児ルームがあるので
そこに連れて行かれるといいですよ。」と言われたので
小6の娘に見せるのは早かったのかも・・・と少し心配しながら一緒に見ました

チェルノブイリ原発事故から26年
月日が経てばたつほど増加する障害をもって生まれる子供達
今では、85%の新生児が何らかの障害を持っていると言われています

チェルノブイリ周辺の住民が受けた放射能汚染量は、広島や長崎原爆の90倍
チェルノブイリ原発事故で広がった放射能は
イタリア・フランス・北欧そして日本でも検出されています

世界規模で見ると日本は本当に小さな島国
たった1か所の原発が事故にあっただけで
どれだけの範囲の地域が放射能で汚染されてしまっているか
過去のチェルノブイリ原発事故の被害をみれば一目瞭然
福島だけでなく、九州にいる私達自身も被ばくし続けています
すでに、九州産の食材でも安心できないと言っても過言ではありません

私は、もうすぐ40歳になるし、もう40年は生きた
子どもも二人産んだ

でも、問題は、子どもが大人になり子供を産む時
出産を控えている人
これから、恋愛し、結婚をして子どもを産みたいと考えている若い世代

来年、再来年より10年20年後に
手に負えない程の問題や被害が出てくる可能性が高いという事実
子どもたちが大人になったとき
吸収しつづけた目に見えない、無臭の毒のせいで
今もなお続いているチェルノブイリと同じ悲劇を背負わせることになるかもしれない

私が少しづつでも被ばくしていることについては、そんなに問題とはしていません
ヨガもしてるしね
でも、子どもには
暫定基準値内であっても、微量であっても絶対に放射能を近づけたくない
親なら誰でもそう思うはずです
だから声を上げます

講演で中村さんが、夫婦間・家族間で社会問題について話し合う家庭数が
その国全体の25%以下の国は衰退すると
日本は、たった6%だそうです
要するに、6%の人達は、異端児・変人と見られやすいということです
この数字を聞いて驚くことはありませんでした。むしろ前々から感じていたことでした

このような映画や勉強会・集会やデモに参加する人達に
避難の目を向けて見る人も沢山います
デモで行進する人達を過激派のように思う人もいます
あまりに困難な事実に直面し
「知らないほうがいいこともある」と事実に目を向けず
臭いものに蓋をしようとする平和ボケした日本人が多いように感じます

私はそんなのイヤだね!
すでに福島の子供たちの50%は、甲状腺に異常を持っているのです
まっさきに被害を受けているのは子供たちです

この小さな島国でピンポイントでこのような事故が起こり
このピンポイントに私は生まれ、
子供を産んだこの時代にどうしてこのようなことが起きてしまったのか?
なに、この確率?
あまりにひどい現実にどうしよもない悲しみが襲い
どっと力が抜けてしまうときもありますが
テレビだけで知らされる隠ぺいされた情報で納得するのではなく
いいことも悪いことも全ての事実を知り、行動しなければ
子どもたちの未来は破局に向かう道しか残されない

私が小さかった頃から
脱原発の訴え、運動をしてきた母の背中を見てきたように
どんなことでも「おかしい!」と思ったことには
怒りを示し、戦う姿勢は子供たちに見せておきたい
そして、子供たちが大人になった時に
守りたいと思う命の為に声を出し、自らの意思で行動できる大人になって欲しい
異端児・変人・過激って言われてもいい、まずACTIONを起こすこと!
(ま〜普段から過激な奴って思われてるし・・・特に旦那から。。。)

12歳になる果林には、映画もデモにも参加させて良かったと思います
むしろ、小学5.6年生からはこういった資料を積極的に見せるべきだと思いました
果林も映画の内容にショックを受けてましたが
「これはあなたたちの問題でもあるのよ」ということを教えたかったし
彼女も12歳なりに理解し考えているようです



何が最大の悲劇か?
それは、福島第一原発が爆発し、放射能が漏れ続けていることより
事実を知ろうとせず無知のままでいること
沈黙をし続けていることです






| 原発のこと | 10:11 | - | - | pookmark |
子どものいのちを大切にした「放射線教育」について考える勉強会
昨年10月、文部科学省が「放射線などに関する副読本」を作成しました。
この副読本には、数々の問題が指摘されていたのですが、なんと、それが、次年度(4月)から、子どもたちに配布されることになっているようです。
来年度には小3、中1になる子供を持つ私にとっては、安易に受け入れていいものだろうか?内容も把握しないまま、知らないうちに子どもたちにこのようなものが配布されていいものなのか?と多くの疑問を持つものであります。

そこで菜の花プロジェクトのAKIさんが勉強会を開かれます

子どものいのちを大切にした「放射線教育」について考える勉強会


先に問題提起していた「文科省・副読本」の件、単に「反対!」と言っても
単なる感情論だけで片付けられるのは不本意なので
具体的に、どこの何が問題なのかを
自ら学ぶための勉強会(検討会)を企画しました。

子どものいのちを大切にした「放射線教育」について考える勉強会
http://nanohana.aikotoba.jp/img/0304.pdf


お断りしておきますが
私は、教育委員会や学校と争いたいわけではありません。
なぜなら、本来、学校も教育委員会も私たち(親)も
「子どものいのちを大切にしたい」という願いは同じはずだからです。

同じ願いを持っているということをまずは確認したうえで
そうであれば、4月から配布しようとしている副読本は
「子どものいのちを守る」という視点に立ったものなのかどうか
丁寧に検討して、問題点を整理していきたいと思っています。

科学的根拠に基づくものかどうかの見極めをしていただくために
三好永作先生をゲストにお呼びしています。
三好先生は、科学者としての社会的責任を自らに問いながら
何よりも市民のいのちを守るべく
「原発事故緊急対策マニュアル〜放射能汚染から身を守るために〜」
を作成された方です。

放射線教育は不要というのではなく
放射能汚染国となってしまった日本にとって、むしろ、それは必要です。
(必要とされる現実を生んでしまったことは悲しいことですが・・・)
これから「放射線教育」が始まるのであれば
子どもにとって何が一番問題で
その中で何を一番伝えなくてはならないのか
まずは、伝える大人自身が学ぶ必要があると思っています。

今まで知らなかったことを批判するのではなく
これから始まる「放射線教育」に対して、何ら検討も熟考もしないままに
安易に進めようとしている姿勢が問題なのです。

これから起ころうとしていることの重大さと
それに対して大人が果たすべき責任の重要さについて
一人ひとりが考えてほしいと思います。

菜の花プロジェクト 松本亜樹









| 原発のこと | 17:57 | - | - | pookmark |
「チェルノブイリハート」上映会&中村隆市さんのトークCafé

 2012/3/10 「チェルノブイリハート」上映会
      &中村隆市さんのトークCafé


日時  3月10日(土) 13:30開場 14:00開演 17:00終了
場所  糸島市人権センター 大会議室(糸島市前原東2-2-1)

料金  前売り 1200円 当日1500円
    ※マイカップ持参にご協力ください。

協力  グリーンコープ生協ふくおか
    (株)ウィンドファーム いのちの映画祭・実行委員会
    ※この上映会は「いのちの映画祭」自主上映企画として開催されます。



★チケット購入方法(2通り)

 .瓠璽詬縮
    「お名前・人数・連絡先(メールまたは電話番号)」を明記のうえ、
     itonanohana★yahoo.co.jp(★を@に変えて送信)へお申し込みください。
     代金(前売り料金1200円)は当日受付にてお支払いください。

 ▲船吋奪伴莪慧垢砲突縮
     以下チケット取扱店にて前売り券を購入、または当日精算券にてご予約下さい。

     <取扱店(順不同&感謝!)> →まとめて地図でチェック

      ・糸島くらしXここのき
      ・伊都安蔵里
      ・STUDIO KURA
      ・海辺YOGA−STUDIO LOTUS
      ・Banzo
      ・自家製酵母パン のたり
      ・RUSTIC BARN
      ・CADILLAC RANCH
      ・和楽mama
      ・モバイルキッチン HINODE
      ・日と月


★託児もあります。6か月以上、未就学児。一人800円(マクロビおやつつき)
 申込み期限は2/29。詳しくはチラシをご覧ください。
★小学生のお子さまを対象に別室で
「こうもり先生のアートワークショップ」を開催します。
 参加費500円。定員10名(先着順)。要申込みです。

-----

映画「チェルノブイリハート」は、原発事故後16年後のベラルーシで
今なお続く被ばくによる健康被害の事実に迫り、その被害の多くは
何の罪もない子どもたちであるという現実を痛切に伝えているドキュメンタリー映画です。

この映画を見て、同様のリスクを日本の子どもたちに背負わせてしまうかもしれないという
「正しい危機感」を 私たち大人が持ち続ける必要があると考えています。

単に不安をあおるのではなく、未来を否定するのでもなく、
本当に描きたい未来を自分で選択するために
まずは私たちを取り巻く現実を直視し、それを自分事としてとらえ、
多様な視点で検討しながら学び続けることが大切です。


そのために上映後には 90年からベラルーシ医療支援に携わっている中村隆市さんに
映像だけでは伝わらないベラルーシの姿や今の日本が抱える様々な問題について
語っていただきたいと思っています。


今なお続く犠牲の数々。
その痛みに寄り添いながら、そこから私たちは何を学び、
どんな明日へとつなげていくことができるのか…
皆さんと共に考えていきたいです。


-----

詳しくは ちらしをご覧ください →  / 

★「チェルノブイリハート」公式ホームページ

★中村隆市さんのブログウインドファーム代表、スロービジネススクール校長、六ヶ所あしたの森共同代表)


| 原発のこと | 17:57 | - | - | pookmark |
放射NO!

 脱原発を訴える「さよなら原発!福岡1万人集会」が13日、
福岡市中央区の舞鶴公園で開かれましたね。

この日は、このデモ行進にどうしても参加することが出来ませんでしたが、
このデモに参加すると言ってくれた娘:カリンに私の想いを託しました。

土曜日午前のレッスン前に急いで作ったプラカード

放射NO!

FUTURE IS NATURE」(この裏にも「放射NO!」を書きました)
この2つの言葉、旦那のアイデア

子供たちは、太目のマジックで塗り、

私と旦那は、新聞紙に文字を書き、カッターで抜き、
マスキングテープで止めて、そこにスプレーアート

じいじ&ばあばもデモに参加
私達が作ったプラカードを持ってデモ行進

今回のデモは、
九州・沖縄のほか韓国からも含め計1万5千人余り(主催者発表)が集まり、
再稼働への反対や全原発の廃炉を訴えたとのこと。

私達が住む糸島は、目と鼻の先に玄海原発があります
福島原発のようなことがあれば九州には住めなくなります
大好きなこの海でのサーフィンも、大好きな田んぼもできなくなってしまいます
糸島の土に放射能測定器をかざしながら子供が安全に遊べる場所を
見つけるようなことはしたくありません。
そんなことがあってはなりません!

福島の悲劇を繰り返さない世界になりますように

FUTURE IS NATURE!













| 原発のこと | 17:41 | - | - | pookmark |
全ての原子力発電所の廃止を求める署名

「全ての原子力発電所の廃止を求める署名 」にご賛同いただける方へ
署名取扱いをご協力いただける方・団体・店舗に署名用紙を数部郵送させていただきます。
下記の内容の署名活動にご賛同いただける方、ご連絡をお待ちしております。

以下転写

ついに私たちが心配していた「原発震災」が起きてしまいました。
マグニチュード9,0、震度7の大地震が東北地方を襲い、大津波が発生。
福島第一原発は、全電源喪失による冷却不能の事態となり、
水素爆発、炉心溶融、使用済核燃料プール火災等が相次ぎ発生。
大量の放射能が広範囲にまき散らされ、多くの国民が被ばくする事態となっています。
もはや「想定外」の言い訳は許されません。
日本は風力や地熱、バイオマス資源に恵まれた自然エネルギー大国でもあります。
こうした再生可能エネルギーを中核に据え、
ガスコンバインドサイクル発電やマイクロガスタービン等を組み合わせることで
原子力に頼らない地域分散型電源システムへの移行は可能です。


九州電力株式会社代表取締役社長 眞部 利應様

1、古い原子力発電所から順次停止し、廃炉とすること。
その間、改定耐震指針が想定する地震・津波の見直しを早急に行い対策を講じること。

2、プルトニウム燃料を大量に使うプルサーマル発電は中止すること。

3、原子力発電所の新規立地・増設は行わないこと。

4、原子力一辺倒の電源開発から再生可能エネルギーを中核とした
地域分散型電源システムの構築に努力すること。

(年齢・性別・国籍は問いません。)

第一次集約:2011年6月26日 目途(九電株主総会で提示)

署名集約先:原発を廃炉に!100万人署名行動


署名用紙郵送ご希望の方は、下記までご連絡ください。

海辺YOGA-STUDIO LOTUS
TEL:090-4518-4289(平川)
e-mail:umibeyogalotus@gmail.com

| 原発のこと | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いとしま菜の花プロジェクト

ヨガの生徒さんAKIさんが、「いとしま菜の花プロジェクト」を立ち上げました。
「いとしま菜の花プロジェクト」とは、
脱原発や自然エネルギーに関する活動を続けている講師を各地から招き、
勉強会やワークショップなどを続けながら、
関心ある方、一緒に活動したい方と共に、
糸島で地域循環型エネルギーの実現を目指したい!という目標を掲げ、
長期にわたって考え、行動していくプロジェクトです。

私たちが、お金を出して買っているエネルギーは、原発から生み出されているもの。
その原発について私たちは何を知っているのだろう?
何も知らないで買って、消費しているエネルギー・・・では済まされません。

私たちが買うエネルギーは、地球に調和し、
優しく、安全な母体から生まれるものでありたい。

ここ糸島だから実現できる新しい地域循環型エネルギー発電所を!!
その実現には長い道のりがあると思いますが、
皆さんと一緒に考え、必ず実現させたい!

福島原発の事故以来、こんなにも原発を恐ろしく思い、
エネルギーについてこんなにも深く考えたことはありません。
私たちの住む目と鼻の先には、玄海原発があります。
もう他人事では済まされない。

AKIさんは、前々から原発やプルサ―マルについての勉強会を開かれてました。
こうやって勉強会を開いてくれる人達が糸島にはいます。
何も知らない私たちにきちんと教えてくれる人達がいます。
ありがたいです。

ニュースや新聞、インターネットは事実を伝えているのか?
私たちは、様々な情報から真実を見抜く能力も養わなければなりません。
またこのプロジェクトでお招きする講師の言葉や活動内容を
ある意味客観的に冷静に聞くことで、
それもまた判断材料として吟味し、共に考えていく必要があります。
様々な角度からエネルギーについて考えていくプロジェクト。


さっそく第1回目の会が開かれます。

いとしま菜の花プロジェクト
菜の花には、放射能物質(セシウム)を浄化する作用があると言われています。
しっかりと大地に根を張り、すっくと空に向かって咲く菜の花のように、
地球に寄り添って生きていきたい。
私たち一人ひとりの力は小さくとも、土手に広がる菜の花畑のように、
地球に光のじゅうたんを織りなしていきたい。
そのための一歩を、糸島からはじめます!

第1回
「大切な人を守るため〜ちゃんと知りたい!
原発のこと、放射能のこと〜」

長年、福岡を拠点に脱原発や自然エネルギーに関する活動を続けてこられた
山中陽子さん(たんぽぽとりで http://pub.ne.jp/tampopotoride/)と、
「まだ、まにあうのなら」の著者・甘蔗珠恵子さんを講師に迎えます。

お二人ともに、出発点は「大切な人を守りたい!」という思いでした。

そんな彼女たちの歩いてきた道、そして、今回の原発事故へ向けたまなざしには、
母として、女性として、一人の人間として、学びべきものがたくさんあります。

ニュースや新聞は事実を伝えている?
専門用語が多すぎてわからない!
放射能って低レベルなら「安全」なの?
子供は大丈夫?etc・・・
今、誰もが感じている数々の疑問にこたえつつ、一人一人が「今すべきこと」について
考える場を創りたいと思っています。

会場は、この春スタートしたばかりの「みつばちおうちえん」。

託児は特にございませんが、どうぞ、お子様連れでゆるりとお越しください。

日時
4月21日(木)10:00〜12:00
*終了後、講師のお二人を囲んで、昼食会を予定しています。
ご希望の方は、おむすび等ご持参のうえ、参加申し込み時に合わせてお伝えください。
*当日は、天然酵母パン「てんぴや」の販売もありますので、会場での購入も可能です。

場所
みつばちおうちえん
糸島市志摩久家648-3
*駐車場に限りがございますので、乗り合わせなどのご協力をいただければ助かります。

参加費
500円(小冊子・資料代)

申込み
,名前∋臆耽与堯併匐,盍泙燹豊6杁渭⇒軅
っ訖会参加希望の有無をご明記の上
teteito2010@yahoo.co.jpまでお申込みください。

問い合わせ
tete
http://tete.higoyomi.com/index.html
緊急連絡先(松本)090-5477-0322








| 原発のこと | 14:26 | - | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE