海辺ヨガライフ

糸島半島の海辺でのこと・・・。
米作り2016
今年のお米作りがスタートしました
今のところ順調に田んぼに水が入っております


毎年、夏が近づくにつれて
水不足が懸念されます

どうか・・
お水様
お池様
お天道様
お山様
このまま十分なお水が田んぼに流れ入り
健全な不耕起冬季湛水農法が出来ますように・・
って、そうは問屋が卸さないのが
ここの田んぼなんだよね〜

いや〜!!ここの田んぼには
毎年鍛われてます!
なんで、そっとやちょっとの事では
動じませんよ
田んぼのお陰で
自然のお陰で
私ら強くなりました(笑)


とりあえず今のところ
十分な水が入っているお陰で
雑草も少ないです

この雑草の少なさが
冬季湛水農法の最大のメリット!

冬の間もず〜っと水を入れておくことで
1、不耕起栽培で問題となる水田雑草の抑草効果。
2、イトミミズが雑草の種子ごと泥を押し上げる事により
これらの雑草の発芽を抑える
3、水面採食型水鳥の雑草種子採食による除草効果
というわけですが、
逆に水が乏しいと
雑草は生えるわ
土壌は湿地なので
耕運機を入れて雑草を鍬込めないわで
結構最悪な状態になるんです(-_-;)

水の量も
その年次第
自然次第
今年もどうなることやら


もう何度目の米作りになるのでしょうか??
6年目?7年目?
忘れてしまいました(苦笑)


苗床作りもお手の物
最初に始めた米作り以来
ず〜っと一緒に米作りをしてきた
田んぼ仲間の龍石家とは
息の合った作業
あっという間に終了です✌

今年は腐葉土を我が家の
サンバー軽トラックに載せて運搬出来たので
さらに作業がラクになりました
やっぱ農作業や外作業には軽トラックですね〜
軽トラックさまさまです

昨年収穫した籾種を蒔き
今年もミルキークイーンを栽培します

どうか今年も無事に苗が育ちますように芽











 
| 田んぼのこと | 16:36 | - | - | pookmark |
新米2015
やっと精米した我が家の新米
今日は新米2015をKurumianの
林田家に倣って土鍋で炊く🍚


今年からお世話になる精米所は糸島警察署近く。
無農薬のタヂカラ米や
こだわりの無添加食品や無農薬野菜
が売っている...
タヂカラ米は
県外の方々からもファンが多い
しかもここのタヂカラ米は
我が家のすぐ近所に住んでいる
波乗り仲間のM君が作ってるんよね〜
丹精込めて育てるM君のお米
お値段高いが食べてみたい・・

品数少ないが心惹かれる精米所&ショップ
そこのおばあちゃんが漬けている
ぬか床をいただいた(非
売品)
新米におばあちゃんのぬか床
すんごい贅沢〜‼️
| 田んぼのこと | 16:21 | - | - | pookmark |
稲刈り前

もうすぐ稲刈りが始まる田んぼ


旦那が畦やのり面の草刈りをしてくれるので
雨風でなぎ倒された掛け干し用のうまを撤去
 


にしても田んぼ内、今年も見事な雑草の発育雑草
稲穂はどれだ〜?稲

雑草の発育を抑えるのがメリットの冬期湛水農法では?
ま〜何事も参考書通りにはいかないもの。。

普通なら、雑草に養分を取られて稲穂が貧弱になる・・
というもっともらしい理由で除草作業に入ったり
除草剤を入れたりするんだろうけど
もう何年も自然農法をしていると
稲穂と一緒に育っている雑草も
お米作りには欠かせない存在だったり
それが自然の摂理だったりするように思え、
やっぱりそのままにしてたがナチュラルやね!
と思うようになってきた。
と、除草作業はキツイから
自分に都合良く解釈してるだけだったりしてー苦笑い

でもね、台風で稲が倒れようと
虫やイノシシの被害にあっても
雑草がいっぱい生えても
ちゃ〜んとお米って収穫出来るのよ

どうしてもその年の収穫量に
重きを置きやすいけど(それも大事だけどね)
量がどうあれ自分で作った米はやっぱウマイよ!

こんなに沢山の雑草達と
グローアップしてきた米やけん
他の米とは一味も二味も違うばい!っと
また自分に都合良く解釈して育てる。これ大事!


 

| 田んぼのこと | 12:33 | - | - | pookmark |
出穂
2015/9/4(FRI)

ヒノヒカリ


ミルキークイーン

お米も雑草も順調に発育中


 
| 田んぼのこと | 17:14 | - | - | pookmark |
もうすぐ田植え

今年のお米「ミルキークイーン」の苗が
順調に育ってる🌱
そろそろ田植え作業が始まる


 
| 田んぼのこと | 19:28 | - | - | pookmark |
畦塗り
今日は、結構な大仕事
田んぼの畦塗り

2段目ののり面との境にある畦の土が田んぼ内に流れ込んでいて
畦と田んぼの境が分かんなくなっていたので
穴堀り機・スコップ・鍬で
田んぼ内の泥を畦に上げる作業

水を大量に含んだ泥を上げるのは本当に大変
二日続いたこの作業
うちの旦那、珍しくとても頑張りました


ライザップ父ちゃん!!

って、普通、田んぼ作業を上半身裸でするかっ!?


畦塗り作業と言っても
ほとんど土木作業やんっ!!
超キツ!!

これでまた私の二の腕の筋肉を発達させてしまった・・

空手・サーフィン・SUP・薪取り・田んぼ作業
春夏秋冬、私の人生
筋トレ人生やん
誰かと喧嘩してやりあっても
負ける気がしない武道家&ヨガインストラクター順子

あ〜南の島で
トロピカルジュースを飲みながら読書がしたい・・


おっ!今年もイモリ君見っけ!




田んぼの上にある堤
数年前に旦那がうなぎ釣りに行ったときに連れたコイ2匹を
この堤に放流


天敵がいない水場なので
いつもゆったり泳いでます


お昼
畦塗り完了!!
よく頑張りやした!!







 
| 田んぼのこと | 18:20 | - | - | pookmark |
【2015年の米作り】6度目の種まき
今日も天気が良くて
朝から気持ちのいい糸島

起きて朝食を作ろうと少し忙しい気持ちで
キッチンの窓のブランドを開けると
穏やかな海に
SUPでゆったりとクルージングしている人が・・


少しの間、手を止めて
その人のクルージングを眺めさせてもらうと
私の忙しかった心が
ゆったりとスローになって心落ち着いて・・

その人が今その瞬間味わってる感覚がイメージできる
朝日でキラキラ光る海面に目を細め
誰かと競うわけでもなく
トレーニングでもなく
ゆったりとパドルを漕いで
ゆっくりとスローペースで進んでいく
なんか私の心もゆったりしてきて気持ちいい〜!!
同調ってすごいな〜

朝から有難うございます


今日は、種まきDay!
田んぼ仲間の龍石夫妻と
「私らって今年で何度目の米作りだっけ??」と考え出すが
「たぶん、今年で6年目なんじゃない?」という
アバウトな答えで終わってしまいました


(↑今年育てるお米:ミルキークイーン)

毎年やっている苗床作り
これに関しても
「毎年何メートルの苗床作ってたっけ??」
「籾種はどのぐらいの量いるんだった??」
と毎年、毎年おんなじ会話してる(笑)

結局、毎年「こんぐらいでいいじゃない!」なアバウトな感じでやるから
苗が余ったり、足りなかったり・・・
全く学習しない二家族である

「きっと10年目の米作りもこんな会話してんだろうね。ダハハ〜!!」
とか言ってるし・・経験を踏まえ、学習する気もない二家族


でも、さすがに6年目ながら
いざ作業が始めると手際がいいよ♪
誰が何をする。とか決めなくても
自分のすべき作業をそれぞれが黙々とこなし
そのパーツ、パーツの作業がちゃんと繋がっていて
形になっていく


廃材で枠を作り
山からとってきた腐葉土を敷き
種を蒔き
腐葉土を薄くかけ
燻炭をかける


鳥に種を取られないように
網をかけて終了!!

網掛けもかなりアバウト
最初は何事も丁寧だった米作りだったのですが
年と回を重ねるごとにどんどんアバウトになってきてます



だって隣の糸島市議F君の田んぼの苗床はこれだよ
網もかけてない


藁を上からまいて鳥除け??
「反農反市議で米作りも頑張ります!」と言っていたF夫妻
彼らが一番のアバウトファーマー
でも、彼らのこのアバウトさから私は「力を抜く自然農」を学んだんだ〜
あ〜こんなんでも米って育つのね・・みたいな




経験のない田んぼ体験者たちの方が
立派な苗床作ってるやん!



田植えは6月下旬かな
それまで畦作りの手直し
田んぼ内の草刈・・と
やるべき作業はまだまだありますが
とりあえず今日の作業は終了

あ〜いい疲れ♪










 
| 田んぼのこと | 17:30 | - | - | pookmark |
もうすぐ種まき
来週の月曜日は田んぼ内に苗床を作って

お米の種「種籾」蒔きをする予定





昨日、旦那と田んぼ仲間の龍石君が

田んぼ周りの草刈をしてくれました







今年は昨年と違って

堤の水が豊富

4段全ての田んぼに十分な水が入ってます







田んぼ内の水も土壌もいい感じ

毎年お見かけする生物達も元気にいる



昨年は水不足で田んぼに水が十分に入ってなかったので

雑草も多かったし、田植えも大変だった

いい年もあれば

悪い年もある





冬季湛水農法という自然農法でお米作りを始めて5年?ぐらいかな

自然農法って聞くと

なんとなくゆる〜い感じのいい響きがするかもしれないけど

無農薬なだけに

毎年、虫、鳥、イノシシの被害を恐れる日々が続いたりする時期がある

水不足・台風もね

除草剤をまかないから雑草との闘いでもあったり・・



思い返せば

ゆる〜く自然農のお米作りをするつもりが

すごく力が入った米作りをしてきたようにも思える



お米作りしてると

自然には敵わない事ばかりで

抵抗すればするほど

あまりいい感じにベクトルは向かなくて

終いにはやたらと疲れてて・・・



雑草生えてたって

ちょっと虫やイノシシの被害があったって

台風で稲が倒れたって

ちゃんとお米は実ってくれてて

毎年、多かれ少なかれちゃんと収穫出来ている





今年だって今はいいけど

これからどうなるかわからない

自然の力には敵わないっことは経験済み

なるようになるだけ



こんな風に

力の抜き方が分かり出したのが

昨年の米作りからだったかな




ヨガでもそうだけど

最初、力んで力任せでポーズをとっていた時期は

怪我をして痛めたりしてたけど

力の抜き方が分かってくると

ポーズでカラダの不調を治したり

ヨガのポーズの効果を本当の意味で実感できるようになった



全部一緒だね



さ、明日は種蒔きに向けて

もみ殻燻炭作りしなきゃ!
















| 田んぼのこと | 17:02 | - | - | pookmark |
今年の種籾
毎年の米作りでは
黒米・緑米・赤米・香米といった古代米と
イセヒカリ・ヒノヒカリといった主食米を育て
育てた稲から種籾を採っていました

古代米は、主食米に少量加えて炊くととても美味しいのですが
毎年ネックなのが籾摺り作業
古代米は、通常の精米機では籾摺りが出来ず
専用の籾摺り機が必要なので
いつも籾摺り機を借りて別日に籾摺り作業をやったりして
少し手間がかかります

なので、田んぼ仲間の龍石家を話し合って
今年は主食米1種のみを育てよう!という事に決めました


様々な品種を吟味してみましたが
これがベスト!っといった品種はなく
収穫量・味・病気、気温、風に対する耐久性
どれも一長一短

そこで、今年育てる品種は「ミルキークイーン」に決定☆


本日、注文していた有機栽培ミルキークイーンの種籾が届きました!
今まで育てたイセヒカリ・ヒノヒカリの穂数が
373~383/屬紡个靴
ミルキークイーンの穂数は、486/屬搬燭
穂の着密度もやや密。
でも、穂数が多めだからといって
収穫量が多くなるとは限らないから
こればかりは育ててみないと分からない

その年の雨量や天候、雑草、
台風の進路、土壌の栄養量
病気や虫・・・によっても
いい年もあればイマイチな年もあるからね


「ミルキークイーン」は
お米を炊いて冷めた後も硬くなりにくいから
おにぎりがとても美味しいのだとか

前々から気になっていた品種だから
成長の過程を見ていくのも
実った稲穂の感じも
味も
どんな感じなんだろう?って
今からとても楽しみ♪














 
| 田んぼのこと | 11:28 | - | - | pookmark |
仲春の田んぼ
冬の間
ひとけのない少し寂しい田んぼ


何も動いてないように見えるけど
田んぼに張った水の中では
イトミミズや微生物のお陰で
土ごと発酵が起こっています

私達は、春の種蒔まで
ただただ田んぼが熟すのを持つのみ



 
| 田んぼのこと | 16:49 | - | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE