海辺ヨガライフ

糸島半島の海辺でサーフショップ&ヨガクラスを営んでおります。
日々の暮らしやお知らせを綴っています・・・。
プライベートなKID'Sサーフスクール
レッスンは明日まで休講で
1週間程の夏休みをいただいていたのですが
何かと忙しく
写真は一杯撮りつつも
なかなかブログ更新が出来ておりません

「SUP CRUISING & YOGA」クラスで撮っている写真
いつ、どのクラスで・・・
沢山アリすぎて訳分かんなくなってしまってます(苦笑)


話は変わって
最近、雷山に引っ越して来られたという家族Mさん
長男のK君は、小学4年生
スケボーが好きだそうで
サーフィンもやってみたいとのこと

ちょうど波も小さく初心者の子供にはいい感じのサイズ
糸島在住のヨガの生徒Kさんの長男I君(小学6年生)も誘って
急遽、プライベートなKID'Sサーフスクールをしました

I君は、昨年の夏に初サーフィンを体験済
久々のサーフィンですが
ボードに腹ばいになって
パドリングはいい感じですね〜



昨年の最初の頃はよく乗れていたのですが
波にも何度も巻かれ
サーフィン独特の非現実的な感覚に
面白くエキサイティングな想いと
ちょっと恐い・・・と想いが交差し始め
頭ばかりのサーフィンになってしまい
身体にストップをかけてしまう変な癖が付き
昨年のように上手くテイクオフが出来ないスランプ状態が続いてます

このスランプを脱するには
やはり何度も波に巻かれることが大事
巻かれてみると
「な〜んだ巻かれてもこんなもんか・・・大したことないな・・・」と
巻かれる事や巻かれる感覚に慣れていく事が近道

ハワイやオーストラリアの子供達は
小さな頃から海で遊んでいるし
とんでもなくデカいショアブレイク(岸に打ち寄せる波)に
ゲラゲラ笑いながらわざと巻かれて
波と戯れるように遊んでいます

波に乗るのも
巻かれるのも
全身で遊ぶように味わっているから
少々のサイズでは怖がりませんね

わが子らも産まれた時から
この海で育っているので
波がある日でも
スイスイと足の着かない沖まで泳いできます

普通ならどの親も「危ないからダメよ!」と注意するところですが
育ってきた環境が海しかなかったわが子らは
子供達なりに
小さい頃から海や波という自然の動きを身体で感じて
その動きに身を任せながら
その動きと遊んでいる術を身につけているようです


さて、今年初サーフィンにチャレンジしたK君は
最初の一発で波に巻かれました
その時の顔がちょっとパニクってましたが
パニクった顔はその1回だけで
後はイケイケで波に乗ってました
やはりスケボーをしているせいか
テイクオフした後のスタンスや体重移動が見事
私が細かい事を教えなくても乗りこなしています


「んじゃ、今度ボードの上に立った時は
目線を左に向けて斜めに滑っていってごらん」というと
次からちゃんとボードのレールを入れ込んで
斜めにインサイドまで滑っていってましたよ

K君は、それから毎日「サーフィンがしたい!」とここに来るようになり
波が無い日は
コナと一緒に素潜りをして
魚やウニを獲って海遊びをしてます

コナにとってもいい遊び相手が出来て喜んでいます
最近の子供達の遊びは
やはりゲームが主流になっていて
ゲームを持っていないコナは遊びが合いません

K君の学校のお友達もやはり遊びがゲームばかりで
K君は「一緒に遊んでもゲームばかりで面白くない」と言っていたそうで


一緒に海に入って魚を探したり
裏山の崖をソリで滑り降りたり・・・
そんな遊びを一緒に出来る似たもの同士が巡りあって
二人の会話は少ないものの
夢中になって獲物を探しながら
素潜りに没頭しているそんな二人を見て
私は一人でパルピテーションしてます(笑)



こちらは、I君の弟のA君(3歳)
A君も初サーフィン
す〜っと乗っていったのですが
最後にボードから落ちて
ビックリした顔でスグに海から上がっちゃいました(笑)










 
| キッズサーフィン | 12:20 | - | - | pookmark |
KID’Sサーフィンスクールのお知らせ
ご要望の多かったKID'Sサーフスクールの開講日が決定しました!

早いうちから海に慣れさせておくと
水を怖がらず
上手に泳ぐことが出来てきます
特にサーフィンは波という自然の動きと同調していくスポーツ
普通の生活をしていたら
まず味わうことのできない刺激や快感のある
非現実的な世界を体感出来ます
こんな感覚を子供の頃から体験してしまうと
この先どうなっちゃうんでしょうね(笑)




とりあえず現在決定しているKID’Sなスクール詳細は下記の通りです

開講日
7月12日(土)13:00-14:30 (*残席2名)
7月20日(日)10:00-11:30 (*残席3名)
*スクール開始20分迄までにショップにお越しください


スクール参加費
3,000円
(スクール代・レンタルボード、シャワー代・施設利用料込み)


持参するもの
水着・バスタオル・ビーチサンダル

定員
各開講日5名迄づつ


注意事項
・当日、天候不良、波が大きく危険を伴うコンディションの場合は中止の措置をとります
・もちろん、保護者の同意が必要になりますが
お子さん本人の意思で参加希望される場合のみ受付になります
(たまに、お子さん本人の意思を確認せず
保護者の方がやらせたくて申し込みをされる場合がありますが
そういった場合は、結果、スクール進行に支障を来す場合が多々ありますので
必ずお子さん本人の意思を尊重してください)


お申込み方法
お名前・年齢・電話番号・身長・体重・ご希望の開講日をお知らせの上
メール又は電話にてお申込みください
メール:tfsurf@gmail.com
電話:092-327-4357
090-4518-4289(平川)

 
| キッズサーフィン | 18:03 | - | - | pookmark |
Surf's up!!

「ママ〜!!今日、海入りたい!!」
我が子達が波乗りしたがる季節になってきました

今年からは、自分一人で入れるようなサイズの波であれば
子ども達だけで入らせます

果林(13歳)は、背も伸びてきたので今までよりも浮力のあるボードをチョイス
ウェットスーツも大人のレディースMサイズがピッタリに☆

今までは、私や旦那が一緒に海に入り
ちょうどいいサイズやコンディションの波を選んであげて
「この波よ!」と教えてあげたり
ボードを押してあげたりしてたけど
今年は自分で波を選び、沢山の波に巻かれて
楽しい思いも恐い思いも経験してもらうよ

サーフィンは、「自分対人」ではなく「自分対波」の世界


波待ちして遥かかなたの水平線を眺め
水平線の変化を察知し
波がどの方向から来るかを感じ取り
波のピークを誰よりも早く先読みし
いい波をゲットする

1年前より身長が伸びた分
1年前より大きな波を掴もうね

誰よりもやる気満々のコナ(9歳)は
なかなか波が掴めず
ド派手なパーリングを連発して半べそ状態で上がってきました

それは、それは、とても悔しがって・・・終いには怒りだしました(笑)
「ママも一緒に入ってよ!」と私を怒ります

「ママがあんたが乗る波を選んで、乗りやすいように押してやっても
あんたはいつまでたっても自分で波は掴めんとよ。
サーファーはみんな、沢山の波に突っ込んで
沢山の波に巻かれて上手になると!」
そう言うと、コナは黙って少し考えている様子でした

今日も「ママ、海入る!」とウェットスーツを持ってきてやる気満々
でも、残念ながら今日は波なし
明日は波が上がるといいね!


幼馴染の陸君(小6)
前は、海の中で果林にいつもちょっかいをかけてきてましたが
今年は少し大人になったのか・・・
黙ってサーフィンしてます(ちょっと寂しいな〜)

いい波掴んで、オフザリップ!!
陸、上手になったね〜!
 







| キッズサーフィン | 20:03 | - | - | pookmark |
今日はコナ


今日の夕方は、コナが旦那と海に入りました。
昨年までは、テイクオフまでのパドルを手伝っていましたが、
今年からは自分でパドルして波を掴む練習をしています。

とっても負けず嫌いのコナ。
上手く波に乗れないと怒り出します。これ私似(笑)

海から上がってきたらコナの頭には立派なワカメが。
当分、美味しいお味噌汁がいただけそうです。

| キッズサーフィン | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
放課後サーフィン


昨日、学校から帰ってきた果林が、
久しぶりに少し波が上がった目の前の海に
サーフボードを抱えて一人海に行った。
サーフィンに限っては、私や旦那の助けを借りたがらない。

たまに入る大き目のセットをゲットしようと必死でパドルし、少し遅めのテイクオフ。

その様子をビール片手に2Fの窓から眺める私と旦那。
たまに果林に手を振ってみる。

ゆっくり流れる夕飯前のひと時。

昨日の夕飯は、大好きなトムヤンクンスープをお気に入りの耐熱鍋で作りました。
スパイシーで美味しかった〜♫

| キッズサーフィン | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サーフィンスクール IN糸島 2011

今年も糸島プロサーフショップ合同「サーフスクールIN糸島」を開催します!
毎年、大変ご好評をいただいている サーフスクールです。
お子さんのやる気さえあれば何歳からでも参加可能です。
定員に限りがありますのでお早目のお申込みをおススメします。
詳細は下記の通りです。

サーフィンスクール IN 糸島 2011

日時
2011年7月9日(土)
  AM8:00受付開始
     AM9:00スクールスタート

参加費
2500円(テキスト・保険・修了証込)

場所
幣の浜 野北海水浴場 地図は→こちら

定員
30名
(定員になり次第、締切)

実技講師
日本サーフィン連盟公認指導員 他

申し込み方法
当ショップまで、お電話又はメールにてお申し込みください。
お申し込みの際に、お名前・年齢・電話番号をお知らせください。
TFサーフボード オーストラリア
TEL/FAX:(092)327−4357
090-4518-4289(平川)
e-mail:tfsurf@gmail.com

■未成年者はご家族の事前承諾が必要になります。
■現地までの交通費は各自ご負担ください。
■サーフボードは、こちらで用意いたしますので、
水着・バスタオル・日焼け止め・ビーチサンダル
海に入るときに着るもの(ウェットスーツ・サーフトランクス
ラッシュガード等)などは、各自持参してください。
■サーフボードをお持ちの方は、持参OKです。
小学生低学年以下のお子様でご参加の方は、
できるだけ父兄同伴でお願いいたします。

■車でお越しの方は、有料駐車場にお停めください。
通常1000円が当日500円で停めていただけます。
*路上駐車は絶対に禁止です!

☆只今、当ショップにてお子様&大人用ウェットスーツを
30%〜50%OFF
にて販売中!!この機会にどうぞ!



| キッズサーフィン | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「お弁当の日」がやってきた!
昨日は、わが子が通う小学校の遠足。
遠足と言えばお弁当なのだが、とうとうここの小学校にも「お弁当の日」が来た。
「お弁当の日」とは、香川県の滝宮小学校校長だった竹下和男さんが始めた運動。今や全国に広がっている。
小学校では、子供たちが自分でお弁当を作ること になっていて、低学年は、「お弁当におかずを詰めるのをお手伝いする」、高 学年は、「最低一品は自分で作る」のが、最低限のノルマ。
お弁当を自分で考えて、作って、後片付けまでするから、食育にもなるし自 立にもつながるし、お母さんの苦労もわかるし、暮らしの多くのことを学べるという目的。

福岡では、いとエコの発起人でもある九大の佐藤剛志先生が、積極的に推進&実践されていることでも有名。

わが子の小学校でこの「お弁当の日」を行う手紙を見た時は、正直「面倒くさいな〜」って思った。
だって、行う日が平日で当たり前に仕事もしないといけないし、子供も学校にいつもの時間に送り出さないといけない。それに、小学校1年生の次女:コナは初めてお弁当というものを作る。
やる気はあるだろうが、キッチンを引っ掻き回して大変なことになるのでは・・・といった不安も出てくる。
その引っ掻き回す行為もうまく作れずにいるのも、ぐっと堪えて極力助言や口を出さないで子供の年齢に応じてやれる範囲で、そのお弁当がまずくなろうがやらせてみる・・というのが「お弁当の日」なのである。

この「ぐっと我慢して口を出さない」というのは、何かにつけて難しい課題なんだな〜。
日頃から子供には「あ〜だ、こ〜だ」と自分の物差しで指図したり、口出してばっか・・・。
でも、こういった課題を出されないとやらないだろうし、確かに子供にも私にとってもいい経験になるだろう。私にとってもこのお弁当の日は、ある意味「挑戦」だ。

子供には、前日から「お弁当は何を作る?」と聞くと、「スウィートポテト!!」と答える。
このスウィートポテトは、イオンに売ってる冷凍食品でレンジでチンのやつね。
私の手つくりおかずよりその方が評判がいいらしい・・・
子供もいまいち何がいいか分からんみたいだし、やっぱメニューは私が考えてみた。(この時点でダメだね〜トホホ

メニューは、ハンバーグ、ナポリタンスパゲッティー、きゅうりとうずらの卵刺し、ホウレンソウの和え物、メロン、パイナップル、スウィートポテト(やっぱりこれは外せない・・)で決まり。

コナ(小1)のお仕事
きゅうりやソーセージをに切ってもらう。
スパゲッティを炒めてもらう。
おかずをお弁当に詰める。


     



果林(小5)のお仕事
ハンバーグを焦がさないように焼く。
きゅうりとうずらの卵を爪楊枝に刺す。
ケッチャプを容器に入れる。
おかずをお弁当に詰める。

↑こんな感じ。

AM5:30に起床し、お弁当作り開始。
でも、口を出さない・・・ってホント、難しい。っていうか無理。
「ほ〜ら、ほらほら、さっさとハンバーグをひっくり返さんと焦げるっ!」
「あっ!!気をつけてひっくり返さんとハンバーグが崩れるっ!!」
「そんな詰め方じゃ、果物が入らんやんっ!」
他色々・・・。

出来上がったお弁当。
自分で作ったから、子供にとってはいつもとは違う特別なお弁当に違いない。
以外にやらせてみると上手に出来たりするから新しい発見もあったし、子供には自信に繋がったと思う。
この日の遠足は、低学年は二見ヶ浦までだったから、うちのショップの前を歩いていく姿をパチリっ!
「コナちゃんのお母さ〜〜ん!!」と同じクラスの子供たちが手を振ってくれてかわいいね〜。

その後、波が良かったから旦那と波乗りに励むこと3時間弱。
14時近くになって二見ヶ浦の方から子供たちが遠足から帰ってくるのが見えたから慌てて上がるが、ウェットスーツ姿の私を先生方に目撃されてしまった。
「まったく遊び人のお母さんね〜。サーフィンなんかして野蛮人だわ」って思われてるだろうね(笑)

帰ってきた子供たちのお弁当箱の中身は空っぽ。
美味しかったみたいだね。良かった、良かった













| キッズサーフィン | 18:00 | - | - | pookmark |
サーフィンスクールIN糸島2010

7月3日(土)に開催された「サーフィンスクールIN糸島2010」の模様。
当日は雨が降ったり、止んだりの中、今回も多くの方々にご参加いただきました。
総勢30名ほどのエントリー者数。うち90%は子供達。
小さい子で2歳から大きくて中学生ぐらいかな?ほとんどは、小学生。
大人も4名エントリー。

心配していた波ですが、大人には物足りないサイズでしたが、キッズ達にとっては充分楽しめるサイズが上がってくれました。
初めてサーフィンを体験する子、日ごろからサーファーのお父さんやお母さんに連れられてサーフィンの練習をしている子、海を怖がる子、サーフィンスクールを受けに来たのに泳ぎに夢中になってる子・・・様々です。


各ショップからインストラクターとしてサポートしてくれた若手のサーファーが、小さなキッズ達のボードを押して波に乗せてくれます。
日ごろから親と一緒に海に来てる子は、この日のスクールでは初めて会う若手サーファー達に少し緊張しているのか、遠慮してるのか、いつもなら親に甘えてわがままを言ったり、ブスくれる子も、若手サーファーのサポートでわがままも弱音もはかず一生懸命に波に乗ろうとします。

やはり子供は子供どうしでさせるのが一番!
一人がうまくボードの上に立ち、ス〜っと波に乗っていくのを見て「自分もっ!!」ってな感じでお互いに刺激しあって必死になります。
子供達は体が軽くスグに上達するから、見ていてこっちも楽しいです。

私がサポートしていたのは3名。
近所に住む7歳の花ちゃん、市内から参加した6歳の女の子ひなたちゃん、同じく桜井に住むママ友のOさん。
7歳の花ちゃんは、表情一つ変えず黙々と取り組んでいました。
ボードを押してあげるのですが、テイクオフ(ボードの上に立つこと)がなかなかうまく出来ません。
テイクオフしてもスグに前足の膝がボードについてしまい、バランスを崩してワイプアウト(海に落ちること)してしまうのです。
6歳のひなたちゃんはとても怖がっており、ボードの上に腹ばいのまま滑る練習をし、海に慣れさせます。
「離れないで〜!」「強く押さないで〜!」「この波は大きすぎるからダメ〜!」「押したあともボードをつかんだままついててきて〜!」・・・と色々要求が多かったです(笑)
ママ友のOさんは、はじめはテイクオフが厳しかったが、まずは膝だけで立つ練習や四つんばいになったまま滑る練習を進めました。
腕力がないので、それさえも最初はなかなか難しかったのですが、何度かトライしていくうちに、膝をつかずにスッと前足が前に出て上手にテイクオフができ、前にす〜っと滑っていくことができました。40代にしてこの上達の早さは凄いです!!マジで!(歳は言うなって??)

花ちゃんも最後の方にはテイクオフが上手になり、やはり少し滑れるようになってきました。
6歳のひなちゃんは、最後の方は、海に落ちても泣かずニコニコ笑えるようになり、海への恐怖心が緩和されました。テイクオフはしないにしても腹ばいのまま長く滑っていけるようになり、充分な上達ぶりです☆

子供も大人もこうやって1つ1つのハードルを乗り越えて、恐怖心や挫折感を克服していくことで「自分もやれば出来る!」という達成感や満足感を味わい、チャレンジする素晴らしさを知り、これからも勇気を持って新しい世界を開拓していくことが出来る。そんなことをサーフィンは教えてくれます。

約2時間ほどのスクールでしたが、終わった後の参加者達に表情は、キラキラしていて、程よい疲労感と脱力感と幸福感。

普段、こんなにまで心と体を活動させ、エキサイトしたことある?
こんなにまで脱力したことある?

私達主催者は、ただただ純粋に参加していただいた皆さんが、サーフィンの素晴らしさを体感してくれることを願っています。


あ〜それにしても、波ないね〜。
ドッカ〜んとデッカイ波上がれ〜〜〜っ!!!








| キッズサーフィン | 09:19 | - | - | pookmark |
午前の波乗り

今日の午前。
日曜日だというのに静かな糸島。
どんよりとした天気。ちょっとだけ雨が降り、ちょっとだけ波がある。

ウェットスーツを着た果林と旦那がボードを持って海へ。

果林は、今年に入って初の久々のテイクオフ!
子ども達にとっても波乗りシーズン突入☆

| キッズサーフィン | 18:09 | - | - | pookmark |
やったぜ!!優勝☆準優勝☆
 昨日は、福岡を代表するサーフコンテスト『SURFER GIRL CUP2009』が芥屋ポイントで開催されました。
300名近くのサーファーの熱いヒートで大盛り上がり!
福岡はもちろん、他県からのエントリーやギャラリーも一杯!

うちのショップのメンバーやライダーのヒートになると自分のことのようにドキドキしてしまう。

今年は、うちの娘二人が初コンテスト出場。キッズクラスのプッシュクラス(親と一緒に入り、親がプッシュして波に乗せるクラス)にエントリー。
波のサイズは腹前後。長女:カリン&次女:コナにとってはちょっとデカ過ぎるサイズの波。
でも、子ども達も大会ということでやる気も満々☆アドレナリンもガンガン出ていたせいか、大して怖がることなく、いっちょ前に優勝を意識してました。




カリンは、どんどん押し寄せてくるセットに怯むことなく、いまいち出来ないドルフィンスルーも積極的にやり自分の力で沖に出ようとする姿がとてもとても心を打たれ、ジーンと胸が熱くなり感動させられてしまった。

コナはヒート中も自分の波乗りに納得がいかず、「こんなんじゃ、優勝できん!!」と半べそかいて怒ります(笑)
5歳のくせにかなりの負けず嫌いです。これは私似ですね〜。

結果は、なんとっ!!!
カリンが優勝☆ コナが準優勝☆

カリンは積極的なドルフィンスルーで親の手をあまり借りずに自力で沖まで出たこと。そして、
テイクオフもなるだけ自分のパドル力でテイクオフし、波の面にレールを意識して入れて横に滑っていけたことが優勝できた要素だったと思います

優勝出来なかったコナはやっぱりご立腹。
コナには「でもね。コナは準優勝なんだよ〜」と優勝部分だけを強調して言うとニヤ〜っとご満悦し納得した様子
一緒のヒートだった小学生の男の子に勝ったことがコナにとっては嬉しかったみたい。
でも、表彰式の後でその子にからかわれたコナは、その子のわき腹を蹴りこみ、泣かせてしまいました・・・・ 「ごめんねっ!すいませんっ!!!」とその子やその子の母親に謝り続ける私・・。
アニマルコナ・・・ヤバイです。

| キッズサーフィン | 13:03 | - | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE