海辺ヨガライフ

糸島半島の海辺でサーフショップ&ヨガクラスを営んでおります。
日々の暮らしやお知らせを綴っています・・・。
持ち寄りランチ♪

昨日、いとエコのフリペチームで持ち寄りランチ会しました。
一人一品ということで、私は「特大いとエコオムライス」を作り持参しました。
オムライスにはお決まり「いとエコ」とケチャップで書きました。
そのオムライスを見るやいなや「おっ!!さすが,男料理っ!」と言いだす波ヘイ。失礼な奴だ・・・。



みんな綺麗で美味しい料理を持参し、楽しいランチ会になりました☆


この日は我が長女:果林の9歳の誕生日。持参したろうそくをオムライスに立てて(5本しかなかったけど・・)、みんなでハッピーバースデイの歌を歌ってもらい、ご満悦の娘でした。
それにしても、誕生日ケーキの代わりに誕生日オムライス・・・。めちゃくちゃな母親でスマン!


1歳半になるきららちゃんやあかりちゃんも参加。
生後数ヶ月の赤ちゃんの時からお母さんに連れられていとエコ会議に参加していたおちびちゃんが、もうしっかり歩け、自分の意思をはっきり示すようになっている。よその子の成長は早く感じるもんだな〜。2人のあまりのかわいさに再び赤ちゃんが欲しくなる・・・・・・・いやいや、いかん!いかん!もう充分です



| エコエコ | 10:05 | - | - | pookmark |
いとエコfes08’
いとエコfes’08

日時:2008年11月29日(土)11:00〜17:00
           30日(日) 9:00〜15:00

会場:志摩町総合保健福祉センター「ふれあい」2階 
   〒819-1312 福岡県糸島郡志摩町大字初1番地 092-327-2941
                 地図はこちら

主催: いとエコプロジェクト、九州大学糸島現代GP、九州大学子どもプロジェクト

協力: 前原市、志摩町、二丈町、NPO法人環境創造舎

絵本カーニバル:at 2F廊下など共有スペース(無料)

          絵本は、「0歳から100歳までの本」。
          絵本は、生まれたばかりの赤ちゃんとお母さんのコミュニケーションツール。
          絵本は、子ども達の冒険の場。
          絵本は、大人が忘れてしまったみずみずしい感性を呼び覚ます鍵。
          絵本は、絵と言葉をつないで未知なる世界を紡ぐ本。
          絵本は、過去・現在・未来をつないで時間を紡ぐ本。
          そんな絵本カーニバルがやってきます。

ステージイベント:at ふれあい交流室(100畳大広間)(無料)
       29日(土)
          11:00〜11:30 いとエコ読書感想文コンクール表彰式
          11:30〜12:30 講評と食のお話    
                       佐藤弘(西日本新聞社編集委員)
          13:30〜14:30 スター高橋と佐藤剛史の糸島エコトークライブ
          14:30〜16:00 ライブ
                       MON(糸島在住のミュージシャン)
                       浦田剛大(糸島在住のミュージシャン)
       30日(日)          
          10:00〜11:30 KIZUKI 上映(1回目)

          13:00〜14:30 KIZUKI 上映(2回目)


よみきかせと折り紙ワークショップ1at 和室1・2(無料)
       29日(土):全て無料で参加いただけます。
          11:00〜13:00 折り紙あそび(随時参加受付)
          13:00〜14:00 よみきかせ
          14:30〜15:00 わらべ唄あそび
          15:00〜17:00 折り紙あそび(随時参加受付)

       30日(日):全て無料で参加いただけます。
           9:00〜13:00 折り紙あそび(随時参加受付)
          13:00〜14:00 よみきかせ

エコワークショップ1:at 会議室


       29日(土)
          11:30〜12:30 マイ・エコバッグ作り(500円、定員15名)
                      スクラップ・ブッキング(500円、定員15名)
          11:30〜15:00 マイはし作り(500円、定員50名※時間内随時参加受付)
            エコキャンドル作り(100円、定員50名※時間内随時参加受付)
          14:30〜15:30 マイ・エコバッグ作り(500円、定員15名)
       30日(日)
          10:30〜11:30 マイ・エコバッグ作り(500円、定員15名)
          10:30〜14:00 マイはし作り(500円、定員50名※時間内随時参加受付)
                      エコキャンドル作り(100円、定員50名)
          13:30〜14:30 マイ・エコバック作り(500円、定員15名)              
                      


エコワークショップ2:at 1F子ども広場
       30日          
          10:00〜11:30 布ぞうり作り(500円、定員15名)
          13:30〜14:30 布ぞうり作り(500円、定員15名)
          

いとエコcafe:at ふれあい交流室後ろ半分(100畳大広間)

          糸島産有機野菜、糸島牛を使った1日100食限定、絶品カレー。
          サラダ、デザート、絞りたて100%みかんジュースもついて800円。
          その他、糸島のこだわりの食も販売します。

          <出店店舗一覧>

          ・空のパン(天然酵母パン):29日(土)のみの販売。
          ・HIDE PAN(自家製酵母パン):30日(日)のみの販売。
          ・糸島ジャム工房:29日(土)のみの販売。
          ・ばあばの手作りジャム&有機バジルペースト:30日(日)のみの販売。
          ・手作りおはぎ:30日(日)のみの販売。
          ・博多のじょもんさん(グランマキッチン):おにぎりセット、かしわめし
          ・花かご:お団子、ケーキ、コーヒー
          ・玄海第一育成園:かりんとう
          ・Leaf Group:パン
※カフェ・出店店舗の販売時間は下記の通りですが、店舗ごとに完売次第終了とさせていただきます。
          29日(土)11:00〜17:00
          30日(日)11:00〜15:00


農と食の空間:at 趣味の部屋

          ドイツの農産物直売所はディスプレイも本当にきれい。
          糸島の直売所も、そんな日本一美しい直売所になってほしい。
          そんな願いを込めて、「糸島一美しい直売所コンテスト」を計画中。
          糸島自慢の農産物。
          部屋いっぱいに美しい農産物が飾られます。
          農家との交流も楽しんでください。

お母さんと子どもの休憩室:at 控え室(無料)

          いとエコfes’08会場では、お母さんと子どもの休憩室を準備しています。おむつ替えや、授乳などの際にご利用ください。

※会場内は、ベビーカーの乗り入れもOKです。1Fにて車輪を洗っていただいた上、ご入場ください。

※駐車場は志摩町役場駐車場をご利用ください。

シャトルバス運行のご案内
以下のとおりシャトルバスの運行が決定しました。

29日(土)

11:00 筑前前原駅→ふれあい

12:30 ふれあい→筑前前原駅

13:00 筑前前原駅→ふれあい

14:30 ふれあい→筑前前原駅

15:00 筑前前原駅→ふれあい

17:00 ふれあい→筑前前原駅



大変申し訳ありませんが、30日(日)は運行できません。
公共交通機関をご利用の方は、JR九州筑紫線筑前前原駅で下車→昭和バスに乗って「志摩町役場前」で下車→徒歩3分
JR九州時刻表→http://www.jrkyushu-timetable.jp/jr-k_time/ken_hukuoka.html
昭和バス時刻表→http://www.showa-bus.jp/goannai/jikokuhyou/fukuoka.htm



※当日の内容は、この掲載事項とは異なる可能性もあります。
 変更の場合は、随時ブログにてアップします。
http://d.hatena.ne.jp/itoeco/

ー「いとエコfes'08」問い合わせ先ー
e-mail: itoeco@gmail.com
TEL:090−4518−4289(平川)
          



       


            
| エコエコ | 21:33 | - | - | pookmark |
いとエコカレー
今日は11月末に開催予定の「いとエコfes’08」で販売するいとエコカレーを200食分作りました。

志摩町の中央公民館の調理室を借りて、いとfesカフェメンバー8名でとりかかりました。

大きなずんどうでカレーの具を時間をかけて煮詰めます。


その間にデザートで出す紅芋のトリフ作り。
私の友達のご両親が育てた無農薬の紅芋を提供していただきました。
とっても鮮やかな紅芋でしょ!
70個はある紅芋の皮をむき、蒸し器で蒸してつぶし、砂糖と生クリームを混ぜて、丸め、ココアパウダーを表面に付けて出来上がり!と〜っても簡単に出来るヘルシーおやつです。




その間に煮詰めた具にカレー粉を入れます。
カレー粉や玉ねぎ、生クリーム・・・はエフコープ生協が提供してくれたもの。
当日セットで販売する絞りたて100%みかんジュースのみかんも地元の方に提供してもらいました。

カレーの具の野菜やサラダの野菜、お米も全部無農薬。
多くの方からの協力で安心で美味しい食材が揃い、と〜〜〜〜っても美味しいカレーとデザートが出来上がりました☆
みんなで一生懸命作ったカレーセット(カレーライス、サラダ、デザート、ジュース:1日100食限定 800円)を11月29日(土)、30日(日)に開催されるいとフェス08’のカフェブースにて販売します。

いとエコfes08’は次のブログをチェック!!
| エコエコ | 21:28 | - | - | pookmark |
いとエコの3つのしあわせ
11月29日(土)・30日(日)の2日間に渡り、いとエコプロジェクトプロデュース『いとエコfes’08』が開催されます。

このイベントのチラシを折る作業をうちの子供達が手伝ってくれています。
「きれいに折ってね〜。」と言う私のお願いをちゃ〜んと聞いてくれてます。チラシの角と角をきちんと合わせて、小さな手で1枚1枚丁寧に時間を掛けて折ってくれます。

ーいとエコの3つのしあわせー

一つ目のしあわせ。

そうだ糸島オリジナルのエコバックを作ろう。
みんなが使いたくなるようなエコバック。

おしゃれなエコバック。
夢を託せるエコバック。
誇りにしたくなるようなエコバック。

糸島で1年間に使われるレジ袋は約4500万枚。
それに使われる石油はドラム缶4000本以上。

みんながエコバックを使うようになれば、
そんなムダがなくなる。
みんながエコバックを使うようになれば、
ゴミだって減る。
みんながエコバックを使うようになれば、
地球温暖化も防げる。

糸島の豊かな環境が守られる。


二つ目のしあわせ。

エコバックの売上金の一部で、
子どもたちに本を贈ろう。
環境の本。農業の本。食の本。

子ども達は喜んで
エコバックを使ってくれるようになるだろう。
エコバックを使えば、
図書館の本が増えるのだから。

彼らが大人になる5年後、10年後。
糸島ではエコバックを使うことが当たり前になる。
糸島からレジ袋が消える。

エコバックを使えば子ども達が喜ぶとなると
お父さんも、お母さんも
そして地域の人たちも
みんな、みんな協力してくれるかもしれない。

子ども達には
とびっきりの環境と本を贈ろう。


三つ目のしあわせ。

糸島エコバック、第1弾が1000枚以上売れ、
糸島地域の小学校に
160冊の本を贈ることができた。

もっと使い勝手のいい第2弾を作ろう。

オリジナルのエコバックづくりをお願いしたのは、
ろうあ者が働く糸島の福祉作業所。

彼らは、その仕事を一生懸命練習した。
それまでミシンがあまり得意でなかった人が、
とても上手に使えるようになった。
他の仕事より少しだけ多い賃金が貰えるので、
大好きな買い物の楽しみが増えた。
他のどの仕事よりも
新しいこの仕事が好きになった。

いよいよバックが発売される日。
彼らは、バックを販売している
地域のショッピングセンターに
やってきた。

彼らはそこで新しい世界に触れた。
自分たちの作品が
たくさんのお客さんの前で紹介されていること。
自分たちの作品を
喜んで買って行く地域の人がいること。
自分たちの働きに
拍手をしてくれる人たちがいること。
そのどれもがこれまでに体験したことがない
初めてのできごとだった。
自分たちの作ったバックを指差し、
身体を揺らして彼らは喜んだ。

そんな彼らの活躍を見た親、
新聞で読んだ親は、
我が子を誇りに思った。
そして涙した。

糸島エコバックに三つ目の幸せが加わった。


今日から、みんなで四つ目の幸せさがし。
今日から、糸島で四つ目の幸せづくり。



いとエコメンバー佐藤助教・日良松助教 文
| エコエコ | 21:29 | - | - | pookmark |
「いとエコ」活動
一昨日、「いとエコ」フリーペーパー秋・冬号の表紙作りの為、次女:コナが通う桜井保育園にお願いして芋掘り風景を撮影させていただきました。
ここで、同じくいとエコプロジェクトメンバーの九大助教:Hさんが愛用の一眼レフカメラを持ってカメラマンとして撮影してくれました。


保育園の子供達が一心不乱で芋を掘り、一心不乱でHさんが写真を撮ります。
とてもいい写真が沢山撮れました!!
どれも、表紙にしたいぐらい!厳選するのが難しい!


とても秋らしく、いとエコらしい写真。1枚1枚眺めているだけで、微笑ましく、温かくなる写真。末永く大事に守っていきたいものがこの写真の中にあります。そう、いとエコプロジェクトはこれを守って行く為に活動しているんだな〜って改めて思えた写真です。

いとエコプロジェクトは秋から冬に移る11月末に、2日間にわたる大イベントをここ糸島で開催します。
そのイベントに合わせて、フリペチームは一丸となってフリーペーパー秋・冬号を製作中。
夏号に引き続き、糸島エリアならではの充実した内容が盛り沢山!!
近々にイベント内容も告知します。
皆さん、お楽しみに〜☆
| エコエコ | 21:25 | - | - | pookmark |
こりゃ〜いいっ!!
365日1日3回年中無休の大事なお仕事、波チャック&波情報配信。
この仕事は旦那のお仕事。たまたま私がする日があって久々に芥屋ポイントまで行きました。

朝9:30前後には到着する芥屋ポイントに続く松林。
天気も良く気持ちのいい朝です。
この時期になると周りの木々に覆いかぶさるように自生しているツル系の植物。
小さな白い花を沢山付けてと〜っても綺麗。
この花は一体何て名前だろう?


話は変わって、ちょっと前からガソリン価格が値下げしたけどまだまだ高い!!
あまり車を使いたくないから、食材調達はもっぱらグリーンコープの宅配。
グリーンコープは品質基準が高いから少し値段も高めだけど肉も加工品も安心して食べられるものばかり。ちなみにお野菜は近くの直売所を利用。
前は車を使ってよくスーパーに買出しに行っていたけど、ちょこちょこ買い物に行くからガソリン代も馬鹿にならないし、色んな品物があり過ぎるから目移りしてしまって余計な物も買いがち・・。

グリーンコープの週に1度の宅配なら、地区ごとに宅配にくるので1台の車で数世帯分の調達が済むからガソリン代や排出されるCO2も削減できてかなりエコ。1週間分の必要な物だけをまとめて買うから余計な物まで買わなくて済むし、「この食材で絶対1週間やりきる!」という強い意志が働くから(私だけ・・?)経済的にもかなりエコ!!

でも、やっぱり急に必要なものがあったりしてスーパーや直売所まで行かなくてはいけない時もたまにあるから、その時はシャンプーや文具品、野菜などを購入します。

最近「KURUMIAN」で買ったジュートエコバック。レジカゴにすっぽり入る底の広い大きなサイズだから使い勝手がよい。

しかも、めちゃくちゃ物が入る!
ジュートだから丈夫だし、デザインもオシャレ♪(写真の柄以外にも色んな素敵なデザインがあったよ。)
BIGサイズでありながら、たたむとこんなにコンパクト。
それに、ジュートはCO2吸収率が、一般的な植物の約6倍で、「自然に還る素材」だからこれまたエコ。


普通に使用するお出かけバックでも別サイズのジュートバックを使ってます。
東京に行くときも特別なバックは持たず、もっぱらこのジュートバック&KEENサンダル「SHANTI」。「ジュートバック&裸足にKEENサンダル&すっぴん」という私の定番糸島スタイルでそのまま飛行機に乗って東京に行くもんだから東京に住む姉もちょっと引き気味。

ヨガを続けていくと、周りからどう思われようとあまり気にならなってきた。外面的な部分も内面的な部分も。
天然素材のものを身に付けてないと居心地が悪く感じ、自分に対して素直な気持ちでいなかったり、人に気を使ってばかりの本音じゃない言動も心地悪い。

そのうち私はKEENのサンダルではなく、わら草履で飛行機に乗るようになるかも・・・下着も天然素材で貝や葉っぱをつけるようになるかも・・・。いや、それは止めておこう。

またまた話は変わって、前々から美味しい!と思うコーヒー。

近所のみどりの農園「つまんでご卵」で売っている有機栽培コーヒー。有機栽培コーヒーはどれもお値段が張るし、特別美味しい!と思ったものもなかったけど、この「ハチドリのひとしずく」は初めて美味しい!と思った有機栽培コーヒーである。
このコーヒーのパッケージの裏には下記のような内容が書いてある。

【ー「私は、私にできることをしているだけ」ー

豊かな森を子どもたちの世代に残したい。
このコーヒーは、バナナやアドガボなどと一緒に森の中で育てる「森林農法」によって栽培されています。

生産者の暮らしを応援する草の根貿易(フェアトレード)で輸入しました。

有機栽培コーヒー「ハチドリのひとしずく」の収益金の一部は、環境文化NGO・ナマモノ倶楽部を通じて、「森林農法」に取り組むエクアドルとメキシコのコーヒー生産者組合に寄付されます。】

たまたま美味しいと思ったコーヒーの収益金が自分が取り組んでいる「いとエコプロジェクト」と同じコンセプトで利用されるところが嬉しかった。
美味しいコーヒーを飲んで私は幸せだし、私がこのコーヒーを飲むことで異国の人たちが幸せになり、豊かな森も残していける。幸せ一杯だね。

でも、ちょっと厳しいことを言うと、よく「収益金の一部を寄付」っていうのを目にするけど、一部ってどのぐらいなの?そこらへんまではっきり明確にしてくれると消費者としても気持ちいい!

ちなみに、いとエコプロジェクトはエコバックを売った収益金から文具品等の活動に必要な実費を引いた全額で「食」や「農」に関する本を購入し、糸島地区の小中学校に寄贈しています。

近く、いとエコバック秋物シリーズが販売されます。
秋冬シーズンにピッタリの色合いの生地を使用。
ロゴも今までとは違うサイズと配置。
お楽しみに〜☆












| エコエコ | 12:34 | - | - | pookmark |
我が家のコンポスト
家庭菜園を始めてみると土作りが大事なことがわかる。
よその畑でよく見かける大きめのグリーンのコンポストを買いにアグリに行ったけど、今はダンボールコンポストが主流らしく外用のコンポストがなかった・・。
うちは狭いからダンボールコンポストを置く場所がないから、いいものがないかな〜?っと思っていたらグリーンコープが販売している「生ゴミ用 密封発酵容器」を発見!
うちに置くにはぴったりのサイズだし、いちいち外の畑まで生ゴミを捨てに行かなくてもいいから、面倒くさがりの私にはちょうどいい☆
1つのバケツが発酵している間も生ゴミ処理がスムーズになるように2つ購入しました。


生ゴミと交互に入れる「BM菌体」は、発酵鶏糞と腐植土をベースにして、米ぬか・おがくずなどを加え、生物活性水を使って作られているらしい。生ゴミという栄養分と、適度な湿度があると活動を始め、生ゴミを「腐敗」ではなく「腐植」へと方向づける。だから、土に戻したときに、すみやかに堆肥化がすすむらしいです。


このバケツのお陰で、生ゴミが有効利用でき、ゴミの量も減った。
畑の土もいいコンディションになってくるだろうし、その土で野菜を育てる楽しみがさらに倍増☆
たかがバケツ、されどバケツ。いいことづくしのバケツちゃん。
1つ2289円。

カルマヨガ&クリスタルボール演奏&バザー&ソング&フラ
             チャリティーイベント
         
     『 Mother Earth 母なる大地 』




            日時:2008年8月31日(日)
詳細は海辺YOGA-STUDIO LOTUSのHP「お知らせ」をご覧ください。
http://www.yogalotus.jp

| エコエコ | 16:52 | - | - | pookmark |
「いとエコバック第2弾」発売☆
いとエコバック第2弾が完成し、当ショップ:TFサーフボード オーストラリア海辺YOGA-STUDIO LOTUSにて販売しております。
第2弾は、売れ行き好調だった第1弾のバックに対する「生地が薄い」「持ちにくい」・・などのご指摘をフィールドバックし、デザイン・形・機能性を徹底改良しました。
仝に食い込まれないような持ち手
携帯電話や財布を入れる内ポケット付き。
8を閉じれる、ひも付き。
じさも折りたためるよう考慮。
セ邵遒鮟鼎優戰好箸並腓さ、形。


バック製作を福岡市西区の身体障害者授産施設「工芸会ワークセンター」に発注。
「ハンディある人達が一生懸命ミシンに向かって頑張っている。一緒に仕事をしたい施設です。」とエコバックチームがミーティングで報告。他のメンバーも「地元の作業所を使うのはいいアイデア。地域との結びつきもできる。」と賛同し、作業が進められ、ようやく完成したのです。



デザインは3種類。
「ITOECO PROJECT」とだけ印刷されたシンプルなデザイン。(個人的にこのデザインが一番気に入ってる♪)


書家の中村ちひろさんからいただいたデザイン。糸島の守りたい自然を漢字1文字にあらわした『糸島の宝』の1つ。「波」


同じく『糸島の宝』。「汀(みぎわ)」


前回と同じく、第2弾エコバックの収益で糸島エリア(西区、前原市、二丈町、志摩町)の小・中学校の子供達に環境や農業の本を送ります。

子供達に、そして未来にゴミと乏しい資源を残すよりも本と豊かな環境を残したい。そして、この糸島エコバックをきっかけに、ここ糸島を日本一の環境モデル地域にしよう!『いとエコプロジェクト』は、そんな志です。

第2弾エコバックは、8月31日(日)に開催されるチャリティーイベントでも販売されます。
1枚800円です。
欲しいけど遠方で購入が不可能な方、下記までお問い合わせください。
定形外普通郵便(送料240円)で送りますので、バック代+送料=1,040円をお振込みいただいた後、発送させていただきます。
振込み先はご連絡いただいた際にお知らせします。
《問い合わせ先》
TFサーフボード オーストラリア海辺YOGA-STUDIO LOTUS
福岡県糸島郡志摩町大字桜井4420−7
TEL:FAX(092)327−4357
e-mail: tfs@abeam.ocn.ne.jp

カルマヨガ&クリスタルボール演奏&バザー&ソング&フラ
             チャリティーイベント
         
     『 Mother Earth 母なる大地 』




            日時:2008年8月31日(日)
詳細は海辺YOGA-STUDIO LOTUSのHP「お知らせ」をご覧ください。
http://www.yogalotus.jp


| エコエコ | 16:56 | - | - | pookmark |
フリペ完成!


『いとエコプロジェクト』発信。第一弾『いとエコ』フリーペーパーが完成しました!!
エコだけにこだわらず、糸島地区ならではの情報が満載!!
内容は読んでからのお楽しみ☆

只今、『いとエコ』フリーペーパーを設置・配布していただける場所を募集しています。
カフェや雑貨屋を営んでいる方。「うちにも置きたい!!」と手を挙げていただける方はこちらまでご連絡ください。
皆様のご協力をお願いいたします。

【問い合わせ先】
TFサーフボード&海辺YOGA-STUDIO LOTUS 
   TEL:FAX(092)327−4357
   又は090−4518−4289(平川)
   e-mail: tfs@abeam.ocn.ne.jp

| エコエコ | 10:12 | - | - | pookmark |
ラブアース・クリーンアップ2008
さて、本年も《ラブアース・クリーンアップ2008》が開催されます。
「地球環境と地域行動」として、沖縄県を含む九州各県、山口県遠くは釜山直轄市まで本行動に協賛開催が予定されているところです。

昨日のWSでの内田さんのお話。
「ビーチや海の中のゴミは取っても取ってもスグに溜まりキリがない。でも、ゴミを拾うという行動は、ゴミのポイ捨てをしない、ゴミを多く出さない意識に変わっていく。ゴミを捨ててはならないと気づく為なのです。だからビーチクリーンをし続けるのです。」と。

お子様連れでご家族みんなでご参加ください。
小さいうちからの意識付けは大人になっても宝になります。
ポイ捨てをしない、物を大事にする子供に育てていく為にもお子さんとの参加は親子共にいい学びになるはずです!
多くの方のご協力をお願いいたします。

期日:平成20年6月1日(日)AM8:00〜作業開始

場所:各海岸(私は大口海岸を清掃しま〜す。みんな来てね☆)

※参加の際は、軍手を持参ください。

◎雨天時の決行・中止のお問い合わせについて
志摩町役場 TEL(092)327−1111に電話で確認してください。

| エコエコ | 10:21 | - | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE